ソウルの流行発信地「ウルチロ3街」にある「穴場カフェ」3選

TABILABO

2019/12/7 19:02


明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。元々は印刷所などの多いエリアで、ブルーカラーが集まる飲み屋街だった。ところが、経営破綻により廃墟ビルが増え、今は閑散としている。

そんなところに目をつけたのが次世代を担う若者だ。格安でバーやカフェをオープンできるため、自分たちのやりたいことを好きにやっている。「HIPチロ」と呼ばれるだけあり、めちゃくちゃクールなのだ!

まだ日本ではあまり紹介されていないが、ソウルの最前線はここにある──。

今回は紹介するのは「今もっともヒップな飲屋街にあるカフェ3軒」だ。


【Ace four club】

インスタ映え”するからカフェに行くという人がいる。「Ace four club」は、そっちの人向けじゃない。シャッター音でさえも迷惑になるんじゃないか?と感じるほど、みんなが静かにお酒を嗜んでいる。

深夜まで営業しているけど、お昼から夕方にかけてはカフェ営業。ランチ後に足を運ぶのがオススメ。

店内にはブラウン管のテレビが置いてあったりと、どこか懐かしさを感じられる。これが今韓国で流行っているニュートロなのか? 最後にはお土産としてマッチをくれた。ステッカーではなくマッチというところが、ちょっとニクい。


【4F cafe】

「HIPチロ」がどんなものなのか?と感じたいなら、「4F cafe」。

店内は印刷工場だったことがいかされていて、使われなくなった印刷機がドンと身を構えてる。ただのスペースのムダ使いだけど、それがイイ。路地裏にあるから一般の人が見つけにくいこともあり、芸能人がよく出入りしているという。

看板メニューは、エスプレッソと氷と砂糖をシェイクして作るシェケラート。それを片手に4階のテラスから現役の印刷所や鉄工所を見下ろしたら、もう「HIPチロ」マスターだ。

ちなみに、ここだけはウルチロ3街から徒歩10分のウルチロ5街にある。


【After jerk Off】

今回の取材で足を運んだのは合計15軒。その中で一番入りにくかったのが「After Jerk Off」。

1階と2階は、BTSのメンバーも愛用しているファッションブランド「AJO AJOBYAJO」のショールーム。その横にある階段で4階まで上がると、下半身裸の男性が立っている写真が目に入ってくる。カフェにお客さんを呼び寄せる気は全くない。

カフェの中では大音量のアンビエントノイズが流されていて、いたるところに仏像……。目が痛くなるような赤いネオンも印象的。そんな空間だけど、意外と女の子が多かった。

頼んだのはコーヒー。一口飲んでビックリ。しょっぱい(ウマい)!

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ