イエモンの「DANDAN」は、メンバー愛と音楽人生の集大成!

UtaTen

2019/12/7 12:00

イエモンが駆け抜けてきた音楽人生



2019年秋、公開されたMVが瞬く間に話題となったTHE YELLOW MONKEYの配信限定シングル『DANDAN』。

小さなスタジオを思わせる映像の中、実に楽しそうに演奏するメンバーの姿が印象的だ。

「ファンへのお礼を込めたお祝いソング」であると語った吉井和哉(Vo)。

結成30年を飾るにふさわしいこの楽曲の歌詞には、まるで彼らのこれまでの音楽人生を象徴するかのような言葉が並んでいる。

再結成後も人気を爆発させ活躍し続ける彼らが見てきた世界を、その歌詞から覗いてみよう。

▲THE YELLOW MONKEY DANDAN (Official Music Video)

「ビリー」って誰?




主人公「ビリー」は、一体どこからやって来たのか。

この名前、某インタビュー記事では、彼らのファンクラブ名である「BELIEVER.」がかかっていることが述べられていた。

楽曲の主人公にファン由来の名付けをするというのは、実にイエモンらしい。

その他のキーワードもダブルミーニングに富んでいる今回の歌詞。あらゆる世代のファンを楽しませる情報がたっぷり詰め込まれているのだ。

とすると、ビリーについても「それ以上の意味合いもあるのでは?」とつい考えたくなる。

おそらくビリーは、イエモンのライブに列を成すファンそのものであり、過去の偉大なアーティストに憧れを抱いた若き日のメンバー達の象徴であるとも言えるだろう。

ファンである私達の心に、そしてメンバーの心に描かれた、それぞれのビリーの姿があるのだ。

「DANDAN」と集った仲間




そうして集ったメンバー。最高の友達と共に素晴らしいバンドができたと語る歌詞は、現在のイエモンの姿と重なり、うっかり泣きそうになってしまう。

このバンドの背景を惜しみなく具現化した歌詞は、どことなく映画『オトトキ』の際に話題になった『HORIZON』の歌詞に近い雰囲気を感じさせる。

結成当時にバンドの成功を確信している様子というよりは、経験を積んだある日、皆でアルバムのページをめくるように、自分たちの辿ってきた道を振り返るイメージが浮かぶのだ。

結成30周年。年齢も経験も十分に重ねてきた彼らの紡ぐライトな言葉には、相反する重みがある。活動休止からの解散、そして再集結という歴史を経たからこそ、正直な想いで描ける世界観なのだろう。

「正しかった出会い」の喜び




そんな彼らの音楽人生、良いことばかりではなかったはずだ。

出来事だけではない。最高の仲間との出会いに対し、そうはなり得ない人物と関わりを持たなくてはならないこともあっただろう。

純粋な子どもの頃に比べ、その格差は顕著である。それが大人というものだ。

しかし、最高の出会いもそうでない出会いもあったからこそ、今の自分達がある。辛い経験も共に乗り越え、それを糧にして強く、立派に成長した。

そう断言し、認め合える仲間。メンバーの関係性が少し羨ましくなるフレーズだ。

来春からは充電期間に入るというTHE YELLOW MONKEY。しかし、もう我々を不安にさせることはない。

彼らが今後どのような活躍を見せてくれるのか、再始動のニュースが聞けるその日まで待っていよう。

TEXT 島田たま子

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ