「おむすびころりんクレーター」新語・流行語大賞ノミネート JAXAの反応は

しらべぇ

2019/12/7 08:40




2日、今年1年間で広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶ「2019ユーキャン新語・流行語大賞」の受賞語が発表された。惜しくもトップ10入りを逃したものの、ノミネート段階で大きな注目を集めた言葉があった。

それが「おむすびころりんクレーター」だ。世間的にあまり聞き慣れない言葉だが、これをノミネートするに当たって「ねじ込んだ」と明かしたのが選考委員の1人である漫画家のやくみつるだ。

■直撃取材で明かした


おむすびころりんクレーターをノミネートした件について授賞式当日、しらべぇ編集部は直撃取材を行った。その中でやくはある疑問を編集部に対して放った。

「JAXAはノミネートされたことを知っているのか」――やくによるとノミネートされて以降、JAXAの反応を聞いていないそう。すごく気になるとのことで後日、JAXAに取材を行った。


関連記事:やくみつる、「おむすびころりんクレーター」を語る 「アポロ計画くらいメジャーに」

■ノミネートを知っていた


しらべぇ編集部は書面を通じてJAXAの広報部に取材を依頼。その返答が担当者を通じてメールであった。まず、やくも指摘していたノミネートについてだが「ノミネートは報道で知りました」との回答があった。

ちゃんと知っていただけではなく、「この度、新語流行語大賞というとても有名な賞にノミネートされたことに驚きと喜びを感じています」とコメントしている。

■目論見通りになったのか


やくは取材の中で「より幅広い言葉に接する環境になれば。ぜひインプットしましょうよ」と話していた。新語の代表としてノミネートされたが、以降の認知度は上がったのか。

これについて「JAXA 相模原キャンパスにある『宇宙科学探査交流棟』に見学に来られる来場者からお話が出ることはありますね」とのことで一定の効果はあったと思われる。

■やくにも感謝


一方でやくに対する感謝のコメントもあった。「この度は、ご関心をお持ちいただきありがとうございます。『はやぶさ2』は小惑星リュウグウをあとにしましたが、引き続き注目していただければと思います」と担当者。

やくは「アポロ計画くらいメジャーになるかもしれない」と可能性に期待を込めたが、事の運び次第で大いに有り得る話。今回はその一歩だったのだろう。

・合わせて読みたい→流行語大賞ノミネートに「上級国民」 大賞に選ばれたら誰が表彰式に行くの?

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ