高嶋ちさ子、“怒りを抑える方法”告白も視聴者「効いてませんやん」

しらべぇ




6日放送『ザワつく! 金曜日』(テレビ朝日系)で、ヴァイオリニスト・高嶋ちさ子が自身で行っている「怒りを抑える方法」を告白。驚きの手法に視聴者がザワついている。

◼イライラを抑える方法


生来のせっかちな性格もあり、怒りをあらわにする場面も多いちさ子だが、実は怒りを抑えるために「ちゃんと漢方を飲んでいる」と明かす。

もし飲んでいないと「すぐに怒りが振り切れる」とのこと。サバンナ・高橋茂雄から「効果はあるのか?」尋ねられると「ご覧の通り」効果的だとちさ子は胸を張る。

このちさ子の発言を見守っていた長嶋一茂は「飲んでてコレなんだ? 飲んでなかったら大変だね」と呆れた。


関連記事:武井壮、「結婚相手は若ければ若いほどいい」と主張し視聴者ドン引き

◼それでも我慢できないと…


漢方を飲み、イライラを抑えているちさ子だが、失礼な相手にはどうしても怒りがおさまらないときもある。そこで、「ふざけるなよって言いたいけど言えない場合の対処法がある」と解説していく。

ちさ子は、失礼な相手に直接怒りをぶつけるのではなく、相手の前に自分の子供を立たせて「ふざけんなよ」と説教するふりをしながら、間接的に相手に怒りをぶつけるという。

子供や夫はちさ子の性格を理解しており、「ママには外でキレてほしくない」のが本音。そこでちさ子の表情を読み取り、自然に相手の前に立つようになっていると明かした。

◼視聴者も驚き


漢方で怒りを抑えているというちさ子の告白に、視聴者からは「高嶋ちさ子が漢方を飲んでヒステリックを治してるってのすげーな」と驚きの声が。

しかし、漢方薬を飲みながらもことあるごとにヒステリックに怒りをあらわにしているちさ子に対し「飲まなかったら、どうなっていることやら」「イライラ抑える漢方飲んでるのに効いてませんやん」「なお効果は微妙な模様」といった感想が寄せられていた。

◼半数以上は「イライラ」


しらべぇ編集部で全国10~60代の男女1,653名を対象に調査したところ、全体の52%が「どうしようもないほどイライラすることがある」と回答している。



人によっては、自分ではどうしようもないほどイライラしてしまうこともあるようだ。自分ではどうしようもないなら、ちさ子のように「漢方」に頼るのもアリなのかもしれない。

・合わせて読みたい→高嶋ちさ子、長嶋一茂に憧れる次男に呆れ 「ただのバカじゃないって…」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ