ドロ沼結末回避…不倫男から届いた切なすぎるお別れLINE3選

ananweb

不倫の関係であっても、別れる時には切なさにあふれたロマンティックなシーンを迎える男女もいるようです。複雑怪奇な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女間の切ないLINEを3選ご紹介します。
■ 1:「あなたのおかげで一人前の男に…」

「1年ほど付き合った年下の彼が、結婚することになりました。私も既婚だし、割り切った上での付き合いだったので、いつかはそんな日が来るとは覚悟していました。でも、結婚を告げるLINEに『僕はやっぱりあなたのことが世界で一番好きでした。いろんなことを教えてくれて、ありがとう。あなたのおかげで、僕は成長し、結婚できる一人前の男に育ててもらいました』と書かれていて……。会えばキャッキャするだけのふざけた関係でしたが、最後のLINEを読んだ瞬間、涙が止まらなかったです」(43歳女性/経営)

別れ際にはドロ沼化する不倫カップルも多いなか、相手と過ごしたこれまでの時間に感謝が込められていると知って、思わず感動したようです。

■ 2:「旦那さんと幸せになってください」

「2年ほど付き合っていた同世代の不倫相手がいましたが、私のほうが飽きちゃって、そろそろ別れようかな~なんて軽く考えていたんです。そんな私の心情を察したのか、あるときに彼からLINEが届き『もう終わりにしたほうがいいね』と書かれていたので、『そうね!』と返信しました。すると彼は『僕から言われたくないだろうけど、君は大事なものを見失っている。話を聞くかぎり、あなたのご主人は立派な人だと思うし、おそらく君が不倫しているのも知っているだろう。僕は身を引くけれど、今後は旦那さんに感謝をし、幸せになってください』と……。私は遊びのつもりでしたが、彼は私のことをしっかりと見てくれていたんだ……と思ったら、なんだか申し訳ない気持ちになり、急に涙が溢れちゃって。それ以来、不倫はしていませんし、夫のことを大事にするようになりました。不倫相手が、大事なことを気づかせてくれた気がします」(36歳女性/美容師)

本来は、言われなくとも当たり前のことであっても、改めて別れ際に諭されると、心にスーッと入る場合もあるのでしょう。

■ 3:「来世では必ず」

「夫が怪しみ始めたので、3年付き合った年下の彼と別れました。夫に探偵をつけられているようだったので、LINEで事情を話し、会うのもやめました。すると彼からは『来世では必ず、誰よりも早くあなたを見つけ出すから』と返信が届いたんです。こんな形で、いきなり会えなくなるとは想像もしていなくて。“もう会えないんだ”と思うだけでもつらかったのに、そのLINEを読んで、彼が私を本気で愛してくれていたと改めて知り、何時間も泣きました」(38歳女性/飲食)

不倫の関係でも、相手に本気になってしまうことがあります。別れ際に“愛”を感じるメッセージが届いて、相手への感謝とともに涙が溢れてしまった昼顔妻のエピソードをご紹介しました。

不倫関係とて、美しい別れ際になるケースもあるようですが、不倫をされた夫の気持ちを考えると、いたたまれないですよね。切ない別れを経験し、二度と不倫に足を踏み入れないよう努めて欲しいものです。

(C)Akaberka/shutterstock(C)Evgeniy pavlovski/shutterstock(C)G-Stock Studio/shutterstock

※2019年12月6日作成

文・並木まき

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ