MDMA所持で逮捕の沢尻エリカ被告が保釈 カーテンで姿見えず

しらべぇ




MDMAを所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ被告が6日、保釈金500万円を納付して勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

■逮捕から20日


警視庁組織犯罪対策5課が11月16日に沢尻被告宅を捜索。MDMAのカプセル2錠が発見されて逮捕された。ネットでも大きな話題になった逮捕劇。それから20日経って再び姿を見せた。

警視庁東京湾岸署前に早朝から多くのマスコミが集まり、現場は騒然とした雰囲気に包まれた。そして19時24分に多くのマスコミが待ち受ける中で車が出てきた。


関連記事:沢尻エリカ被告、本日保釈か? 湾岸署前には取材陣100人超

■予想とは違う裏口から


沢尻被告は湾岸署の正面から現れると当初は予想されたが、18時30分過ぎに急遽裏から出てくるとの情報が入りマスコミが一斉に裏に回った。

しかし沢尻被告を乗せていると思われる黒いワンボックスカーが出てきたが、カーテンがかかっていたため、中は見えなかった。久々の沢口被告の表情をとらえようと準備を重ねてきたマスコミだったが、肩透かしを食らったかたちだ。

■起訴も




東京地検は6日、麻薬取締法違反で起訴。勾留期限が満期を迎えての判断だった。自宅からはほかにLSDを染み込ませた紙も見つかっており、これまでの調べに対して、いずれについても所持を認めている。

沢尻被告は、10年以上前から複数の違法薬物を使っていて、これについても認めているが、尿を鑑定した結果は、違法薬物の反応が出ない陰性だった。

■所属事務所もコメント発表


所属事務所のエイベックス・マネジメントは6日、公式サイトでコメントを発表した。「沢尻エリカは、本日違法薬物所持の容疑で起訴されました。ファンの皆様を含め関係各方面の方々には多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを改めてお詫び申し上げます」と謝罪。

「皆様におかれましては様々なご意見があるとは存じますが、弊社といたしましては弁護士を含めた専門家の指導の下、本人を更生するための支援をいたします」とつづっている。

・合わせて読みたい→沢尻エリカ容疑者を警視庁が逮捕 合成麻薬所持の疑い

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ