前澤友作氏、剛力彩芽との破局理由を初告白 坂上の指摘に「僕が悪い」とも

しらべぇ

2019/12/6 05:00




元ZOZO社長・前澤友作氏が5日放送の『直撃!シンソウ坂上SP』(フジテレビ系)に出演。女優・剛力彩芽との破局の真相について語った。

■剛力の魅力


去年4月に熱愛報道が報じられた2人。以降は、お互いのSNSで仲睦まじい様子を披露してきたが、先月11月に破局が報じられた。

今回は、番組MCの坂上忍と2ショット対談。「なんで付き合ったの?」という単刀直入の質問に「だってかわいいじゃないですか」と笑顔で話した前澤氏。

さらに坂上は、「めんどくさいって思わなったですか? 芸能人って」と質問。

前澤氏は、「テレビで見る顔とは違いますから。苦悩している姿とか、普通の人がやったことない経験をしている姿は、僕から見ても素敵だと思うし尊敬できる」「10代から(女優を)やっているわけで、僕も18~19歳から個人事業を始めているので気持ちも通ずる」と剛力の魅力を次々に明かした。


関連記事:前澤友作氏、剛力彩芽の削除騒動にファンが怒り 「彼女がかわいそう」「許せない」

■事務所にあいさつに行くと…


そんな2人の出会いは雑誌の仕事。「連絡先を交換させていただきたいんですけど、よろしいですか?」と剛力と一緒にいたマネージャーに断りを入れてから連絡先を交換した。

剛力の所属事務所・オスカープロモーションには「ごあいさつに何度も伺いました」と前澤氏。事務所側は「複雑な顔をされてました」と言い「『宇宙に行くとか言っているけど、まさか連れていかないよな?』って…」と自身が計画している宇宙旅行にも触れたことを明かした。

■別れの理由


1年半の交際にピリオドを打った理由についても告白。

女優、タレントとして活躍する剛力は「もっとお仕事を頑張りたい」。一方で、前澤氏は「新しい事業だとか宇宙とかに、いっぱい彼女についてきてほしい」。そんな2人の気持ちがぶつかりあったことを明かした上で、破局理由を「お互いの方向性のズレ」と打ち明けた。

また前澤氏は「一生一緒にいたいと思っていました」とも。ただ、「『宇宙へ一緒に来てよ』って言ったらトレーニングをしなきゃいけないし、いろいろと大変なんですよ。決まっている仕事は入れられなくなっちゃいます」。

すると坂上が「そうなると宇宙に誘った前澤さんが悪くなる」と指摘すると「僕が悪者でいい。僕が悪いです」とうなずき「宇宙でいろいろやりたいことの夢が僕はふくらんじゃって、途中から一緒に来てくれたらいいなって思ってしまったのは事実です」と話していた。

■「本音で生きててかっこいい」


なれそめから破局まで赤裸々に語った前澤氏。今回が初告白だっただけに、ネット上では「そんなことがあったんだ」「2人の別れの理由がかっこよすぎる」「前澤さんは本音で生きててかっこいいよ」など反響の声が続出した。

ZOZOの社長を退任し、剛力との交際にも区切りをつけたが、今後もまた新事業などで世間を騒がせてくれることを期待したい。

・合わせて読みたい→ZOZO前澤社長「借金2000億円報道」を否定 「僕の借金は600億円」が話題

(文/しらべぇ編集部・RT

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ