ミキ「M―1」準決敗退も 2年連続の敗者復活勝ち上がりへ「復活させてもらいますよー」

 漫才日本一を決める「M―1グランプリ2019」の準決勝が4日に行われ、22日の決勝進出者を発表。すゑひろがりず、からし蓮根、ニューヨーク、オズワルド、インディアンス、ミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱ、見取り図の9組が決勝進出を果たした。

 17年決勝3位、昨年4位のミキが準決勝で敗退。兄の昴生(33)はツイッターで「M―1準決勝、来ていただいた方々ありがとうございました。次は、敗者復活!!」と投稿。亜生(31)も「すみません!今年もまたここで負けてしまいました!!しかしまだ敗者復活も残ってます!がんばります!!応援よろしくお願いします!復活させてもらいますよー!!!!」と2年連続の敗者復活からの勝ち上がりへ意気込んだ。

 決勝には勝ち上がった9組と22日の敗者復活戦を勝ち抜いた1組、計10組が「令和初のM―1王者」の座を争う。

 今大会は過去最高の5040組がエントリー。22日の決勝はABCテレビ・テレビ朝日系で午後6時34分から、敗者復活戦は22日午後1時55分から生放送される。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ