オードリー若林、お笑いライブの“裏側”を明かす「ライバル心があるから」

E-TALENTBANK

2019/12/4 20:40


12月3日放送のフジテレビ系『セブンルール』に、オードリーの若林正恭が出演した。

【別の記事】オードリー若林、悪口に同意を求められた際の定番セリフを明かす「絶対言えないから」

番組では、若林も世話になっているというお笑いライブ・イベントを制作するK-PROの代表・児島気奈氏の密着取材を放送。一般的にお笑いライブの多くは芸能事務所が主催し、所属芸人が出演することが多いが、K-PRO主催のライブでは事務所の垣根を越え多くの芸人が出演していると紹介された。

若林はお笑いのライブ開催について、吉本興業には“ルミネtheよしもと”などの常設劇場があると例に挙げ、「僕らとか、太田プロはないんですよ」「ないから、それを児島さんがまとめてくれたりするんですよね」と説明。

共演者から「(事務所の垣根を越えて)まとめるのは今までタブーだった?」と質問が上がると、若林は「事務所同士ライバル心があるから」「スムーズにいかなかったのを、中心点に児島さんがなると…」と語り、他事務所でも円滑にお笑いライブができるようになったと明かした。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ