キンタロー。親友との連絡はLINEではなく「手紙」 その理由は…

しらべぇ

2019/12/4 20:00




お笑いタレントのキンタロー。が自身のブログを更新。コミュニケーションツール「LINE」を使わないという親友とのエピソードを披露した。今の時代にLINEをしないとは珍しいがどういうことなのか。

■味わい深い手紙


キンタロー。は「先日一番古い友達Hちゃんから『手紙』とプレゼントが届きました」と序盤で書いている。なんでも頑なにLINEをしないようで、今でも手紙で連絡をする仲だという。

一番古く、思い入れがある友人からの手紙――キンタロー。に限らず嬉しいはずだ。保育園や絵の教室でも一緒だったそうだ。小学校の頃にはその友人を巡って取り合いの喧嘩にもなったそうだ。


関連記事:キンタロー。が夫に送るLINEが明かされる 「やられるとツラい…」

■気が合う長年の友


取り合いになったエピソードもおとなになって今では笑い話。「Hちゃんはとても変わっててすごく気が合うんですよね」と端的にコメントしているが、この一文から親友を誇らしげに思っているのが感じ取れる。

「本当に素晴らしい友達で相性もバツグンなんです」とコメントしたキンタロー。だが、大切で仕方がないのだろう。ただ1ヶ月経っても手紙の返信がかけていないそうだ。大切すぎるがゆえに書けないのだろうか。

■手紙は書く?


しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,653名を対象に調査を実施したところ、全体の23.8%が「今でも手紙を書くことがある」と回答している。



手紙自体、かしこまった場でないと書かない人もいるだろう。キンタロー。の親友からすると「親しき仲にも礼儀あり」といった感覚で手紙を出しているのだろうか。

・合わせて読みたい→刑務所内で受刑者たちが“彼女への手紙”を添削 「女子高生のようなノリ」

(文/しらべぇ編集部・大山 雄也

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ