りんごちゃん、“性別”質問に回答「初めて言いたいと思います」


ものまねタレントのりんごちゃんが、検索数が急上昇した人物や作品を表彰する「Yahoo!検索大賞2019」のお笑い芸人部門賞を受賞し4日、都内で行われた発表会に出席。報道陣から性別について尋ねられ、「今日、この場で初めて言いたいと思います。りんごちゃんはりんごちゃんです!」と答えた。

りんごちゃんは、1月に日本テレビ系『うちのガヤがすみません!』に出演したことで注目を集め、ブレイク。野太い声で熱唱する大友康平や武田鉄矢さんらのものまねと、かわいらしいルックスとのギャップで人気を集めた。

華やかなドレス姿で登場したりんごちゃんは、「女優部門ということで」とボケを繰り出し、MCの今田耕司が「お笑い芸人部門ですよ」とツッコミ。続けて今田が「ちゃんと“りんごちゃん”になってる。さっきまで“りんご君”でしたけど」と、舞台裏とのギャップを暴露すると、笑顔で「出荷前だったので」とかわして笑いを誘った。

そして、受賞について「本当にびっくりです。今年、日々が変わり始めて、年末にこの賞をいただいているのが不思議でしょうがないです」と心境を告白。ブレイクに気持ちが「追いついてない」と打ち明けつつ、「時間に追われている幸せを感じています」と語った。

今田から「喜びを武田鉄矢さんで表現するとしたら?」と振られると、「うれしくてしょうがないです~!」と武田鉄矢ものまねを披露。さらに、マツコ・デラックスものまねも振られ、「女優賞なんていただけると思わなかったわよ~」と低音ボイスで会場を盛り上げた。

囲み取材では、報道陣から「実際のところ性別はどうなんですか?」という質問が飛び、りんごちゃんは「今日、この場で初めて言いたいと思います。りんごちゃんはりんごちゃんです!」と回答。「Yahoo!さんで“りんごちゃん”ってやると、本当に次には“性別”とか、性別がいつもくっついている。そんなにみんな気になるんだと思っているんですけど、私はみなさんが思う通りで良くて。概念がなくて、メイクとかおしゃれが好きな女の子に見えたらそれで良くて、おっさんだと思えばそれでも良くて、そういう形になっております」と説明した。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ