代官山で今週末まで作品公開!変幻自在のアーティストとルイナールが織りなす世界

TABILABO

2019/12/4 19:45


世界最古のシャンパーニュ メゾン「ルイナール」とブラジル出身の現代アーティストVik Muniz(ヴィック ムニーズ)とのコラボレーション作品が代官山「KASHIYAMA DAIKANYAMA」のギャラリーにて期間限定公開中。

「アート・バーゼル香港」を皮切りに世界各地を巡り、日本では去る4月に京都で開催された「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」にて初公開。東京には今回が初上陸となる。

ヴィック ムニーズは、歴史的な報道写真や、美術史上の名作をさまざまな素材を用いて再現し、写真で発表するなどしてきた現代アーティスト。リオデジャネイロにある世界最大級のごみ処理場にて約3年の月日をかけて取り組んだプロジェクト「Pictures of Garbage」で世界的に注目を集めた。

自然界の素材を華麗なる作品へと変貌させる視覚芸術の魔術師ヴィック ムニーズが手掛けると、ルイナールの世界はどのように表現されるのか?それを目にできる貴重な機会は今週末12月8日(日)まで。


TOKYOGRAPHIE 2019
『RUINART × VIK MUNIZ –SHARED ROOTS–』
【作品名】RUINART × VIK MUNIZ –SHARED ROOTS–
【会場名】KASHIYAMA DAIKANYAMA GALLERY
【住所】東京都渋谷区代官山町14-18 1F
【期間】11月30日(土)~12月8日(日)
【時間】11:00~20:00(12月8日のみ11:00~15:00)
【アーティスト】Vik Muniz(ヴィック ムニーズ)※本人の来日はありません

Licensed material used with permission by Vik Muniz x Ruinart, 2019

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ