「ド級編隊エグゼロス」主演に松岡禎丞 ヒロイン役に加隈亜衣、矢作紗友里ら決定

アニメハック

2019/12/4 19:30

(C)きただりょうま/集英社
 きただりょうま氏のラブコメバトル漫画をテレビアニメ化するテレビアニメ「ド級編隊エグゼロス」のメインキャストが発表され、地球防衛隊サイタマ支部に所属するヒーロー集団「エグゼロス」の隊員を演じる顔ぶれが明らかになった。松岡禎丞が炎城烈人(えんじょうれっと)役で主演を務め、加隈亜衣がヒロインの星乃雲母(ほしのきらら)役、矢作紗友里が桃園百花役、桑原由気が天空時宙(てんくうじそら)役、茅野愛衣が白雪舞姫役を担当する。

「ジャンプスクエア」(集英社刊)で連載中の同作は、謎の侵略者“キセイ蟲”により危機にひんした地球が舞台。人々からエロスの源である“ H(エ)ネルギー”を奪い取ろうと企むキセイ蟲に対し、Hネルギーを力に変換する“H×EROS”で“HERO(ヒーロー)”として立ち向かう、エグゼレッドこと烈人ら少年少女たちの姿を描く。原作単行本は既刊8巻。

出演にあたって松岡は、「Hネルギーと書いて、『エネルギー』みなさん……もうわかりますね? これがどういう作品なのかっっ! 僕も! もぉぉぉぉぉう! 全身全霊で今からHネルギーを溜めっッてッエェッ!!! 収録に臨みたいと思います。『溜めろHネルギー! 燃え尽きろエネルギー!』この精神で、最高の作品に仕上げてみせますよ」と雄叫びをあげ、加隈は「オーディションの時に初めてこの作品を知ったのですが、タイトルを聞いた時にクセ強そう! と思っていました。かわいいだけではない雲母ちゃんの魅力を、これからもっと見つけていきたいです。キセイ蟲に負けず地球を救うために頑張ります!」と意気込みを語っている。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ