キスマイ・舞祭組、4人で初の主演舞台『○○な人の末路』上演決定

クランクイン!

2019/12/4 17:00

 Kis‐My‐Ft2の横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永が主演し、2018年4月に放送されたドラマ『○○な人の末路』が、『○○な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~』というタイトルで同じキャストのまま舞台化されることが決定。4人はドラマ版に引き続き、主演を務める。

『○○な人の末路』は、鈴木信行著『宝くじで1億円当たった人の末路』(日経BP刊)を原案に、西条みつとし、佐藤友治の脚本でドラマ化。それぞれの人生における選択とその末路を描いた。舞台版『○○な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~』では設定を一新し、新たな人生と人間ドラマ、それぞれの末路が描かれる。

ドラマ版に続き主演を務めるのは、Kis‐My‐Ft2のメンバー4人で結成されたスペシャルユニット「舞祭組」としても活動する横尾、宮田、二階堂、千賀。ドラマ版で脚本を担当した西条が作・演出を手掛ける。舞台版では、横尾と千賀が「月Side」、宮田と二階堂が「海Side」の2組に分かれ、「月Side」は高橋ひとみ、「海Side」ではジョビジョバの坂田聡が共演。舞台の前半では、1つの同じストーリーを2組が演じ、後半ではそれぞれの組が別のストーリーに分岐し異なるエンディングを迎える。

横尾は「久しぶりに4人で芝居ができるのが凄い嬉しいです。ドラマの『○○な人の末路』とは違うストーリーをカンパニー、ONE TEAMで作り上げ、皆様に楽しんでもらえるように努力したいと思います。何がきっかけで人生が変わるかを楽しんで下さい」、宮田は「『○○な人の末路』が舞台になります!!ドラマを見てくれていた方も見ていない方も誰もが楽しめる新たなストーリーになっています!!劇場に来てくれたら絶対に後悔はさせません!!是非楽しんでください!!」とコメント。

二階堂は「今回の舞台が決まった事は本当に嬉しいです。ドラマから舞台と繋がったのは僕自身初めての事です。4人1つで頑張りたいと思います。ドラマを観ていない方でも舞台ならではの楽しみがあると思います。是非楽しみに待っていて下さい!」、千賀は「ドラマだけにとどまらず舞台まで決まった事、本当に嬉しく思います。ドラマからの舞台という流れは僕達初めてなので、初の試みですが楽しみたいと思います!更なる見応えを目指して参りたいと思います!」と抱負を語っている。

作・演出の西条は、2012年に「劇団太陽マジック」(現「TAIYO MAGIC FILM」)を旗揚げし、2018年には斎藤工が監督を務めた映画『blank13』で脚本を手掛けた気鋭のクリエイター。今作について「今回、キスマイの4人と一緒に舞台を作れる事、とても楽しみにしています。内容は、ドラマの『○○な人の末路』とは全く違う内容・世界観・役どころになっているので、舞台ならではのディープな『○○な人の末路』を楽しんでもらえたら嬉しいです。更に、今回は2作品です。1つのお話が2つに分かれ、ある選択から、それぞれの末路が用意されています。是非、2つの作品を楽しんで頂けたら幸いです」とコメントを寄せている。

舞台『○○な人の末路~僕たちの選んだ××な選択~』は、東京グローブ座にて2020年2月9日~3月15日上演(全40公演)。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ