今田耕司「“闇営業”入らず良かった」 Yahoo!検索大賞で吉本騒動ネタ連発


お笑い芸人の今田耕司が4日、都内で行われた「Yahoo!検索大賞2019」発表会でMCを担当。所属する吉本興業の闇営業騒動などをネタにして会場を盛り上げた。

6回目となる「Yahoo!検索大賞」は、「Yahoo!検索」のデータをもとに、前年に比べて検索数が急上昇した人物や作品などに贈られるもの。“今年の顔”として最も検索数が急上昇した人物に贈る“大賞”に加え、「パーソンカテゴリー」「カルチャーカテゴリー」「プロダクトカテゴリー」「ローカルカテゴリー」において、人物・作品・製品などを表彰する。

発表が進んでいく中、今田は「明るいワードばっかりでいいですね。良かったです、“闇営業”っていうのがなくて。ランキングに入らなくて良かったです」と吉本騒動をネタに。司会者から「2019年、いろんなことがありましたね」と声をかけられると、「僕は6月からずっとありっぱなしですから、今も。やっと今年が終わると思って、12月に入ってウキウキしてます」と笑いを誘った。

さらに、「来年もみなさんがどういったワードを検索されるのか気になりますね」と振られた場面でも、「そうなんですよ。僕も検索は普段からYahoo!さんを使わせていただいてます。とにかく今は“エージェント制”っていうのを検索しています」と騒動をネタに。自身については「検索しない」と明かし、「検索するとしたら“今田耕司 面白い”とか、限定していきます。ネガティブなことは聞きたくない」と語った。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ