松本人志、年末恒例「笑ってはいけない」に改善要求「笑っても叩かれないようにしてほしい」

テレビドガッチ

2019/12/4 18:00

日本テレビ系で12月31日(火)18時30分から放送される『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで大晦日スペシャル 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』の記者会見が4日、都内で行われ、ダウンタウンの松本人志浜田雅功、月亭方正、ココリコの遠藤章造、田中直樹が出席した。

本番組は31年目に突入した『ガキの使いやあらへんで!』の大晦日スペシャル。令和初となる今回の「笑ってはいけない」のテーマは「青春ハイスクール」に決定。過去最大のゲストとスケールアップした笑いが展開するという。

松本は冒頭から「去年はあまり面白くなかったですけど、今年は最後にふさわしい出来になっているんじゃないですか」とギャグと自虐を織り交ぜ本番組をアピール。年を重ねるごとに番組の内容も改善されていっているといい、今後求められる改善点を問われると、「笑っても叩かれないよう改善してほしい」と話して笑いを取る。

松本は「今でこそおケツ叩かれるようになりましたけど、数年前は吹矢でしたからね。そういう意味では少しずつ番組の中で道徳心のようなものは生まれてきているんだなって」と改善点を具体的に挙げてニヤリ。

会見では一連の吉本興業の騒動を振り返ってコメントが欲しいとのリクエストも飛んだが、「吉本のことは振り返りようがない。吉本のこと振り返ると首が痛いくらい振り返らないといけないから」と話して話題を煙に巻いた。番組を通じて今年ブレイクしそうなゲストについても問われると、松本は「芸人がだいぶ押し込まれていた感じがあるからな……。今年はないんちゃう」とバッサリ切り捨て、これに浜田はあきれ顔。

会場には田中が出演する同じ日本テレビ系の『ZIP!』の取材も入り、田中に果敢に質問を浴びせていたが、それに浮かれる田中に浜田が突っ込みをいれる一幕も。浜田は「この番組(『ガキ使』)の田中のジャッジは本当に甘い」と切り出すと、「その収録の次の日、田中が朝から収録やから忖度してるんじゃないかな。田中へのジャッジはそれくらい甘い」とチクリ。

一方、方正は「今回学校が舞台。冷血な先生が出てきて、いろんなことやられました」と収録を振り返ってため息。毎年番組で蝶野正洋のビンタを受ける展開があるが、「痛み止めを飲んで挑んでいる」と話して松本を笑わせた。また、ココリコ2人は番組の完成度に満足げ。遠藤は「今年は例年とは違う。毎年すごいゲストの方出ますけど、今年は特にすごかった」と話し、田中もこれに嬉しそうに同調していた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ