中山優馬、エリート検事役で麻生祐未演じるおばさん検事とタッグ「とにかく爽やかに演じる様に心掛けました」

テレビドガッチ

2019/12/4 18:00

12月20日(金)20時から麻生祐未が主演を務める『特命おばさん検事!花村絢乃の事件ファイル スペシャル』(テレビ東京系)が放送される。第6弾となる本作では、麻生をはじめ、原田龍二、温水洋一、敦士、正名僕蔵、高橋英樹といったおなじみのレギュラーキャストの出演に加えて、新たに内山理名、中山優馬、長谷川朝晴、寺田農といった実力派の豪華キャストの出演が決定した。

本作は、麻生演じる主婦・花村絢乃がおばさん……もとい主婦ならではの鋭い勘とひらめきで検事として難事件を解決するミステリードラマ。

テレビ東京のドラマは初出演となる中山は今作で、東京大学在学中に司法試験を突破し、東京地検の検事となったエリート検事・岸川俊一を演じる。エリートとは真逆の絢乃とコンビを組み、捜査を進める。中山は「とにかく爽やかに演じる様に心掛けました。自分が勉強出来る頭はそんなに持っていないので、全く違う頭の良い役を演じる事はとても楽しいです。僕も勉強が出来たらこういう人生を過ごす事が出来たのかもしれない。と想像を掻き立てられました。人気シリーズが続いているという事は面白いという事なので、ご期待下さい。夏の暑い日の撮影が続きましたが、暑さに負けずにみんなで作った作品です。僕もその中の一人として頑張らせて頂きました。是非ご覧ください」とコメントを寄せている。

内山は、今回事件が起こるリサイクルショップ「エコロニッキ」の社長・池澤千晶、長谷川は「エコロニッキ」の従業員で殺人事件の容疑者として疑われる畠山省吾、さらに事件の背後に見え隠れする巨大企業との贈収賄疑惑で名前が挙がる与党代議士・桑本浩輔を寺田が演じる。

<あらすじ>
検事の花村絢乃(麻生)はリサイクルショップ店員・畠山省吾(長谷川)が犯した殺人事件を担当する。仕事上での喧嘩が原因と自白するが、被害者は畠山家から強引な“押し買い”を行っていたことが発覚。違和感を覚えた絢乃は調査を開始する。一方、検事正の岡田(高橋)は大物政治家・桑本(寺田)の贈収賄疑惑を追う。やがて2つの事件の関係性が浮かび上がる。主婦の勘を武器に、おばさん検事が真相を解き明かす!

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ