【ビルボード】Official髭男dism「イエスタデイ」が8週連続アニメ1位、『ラブライブ!』Guilty Kissが2位デビュー(12/5修正)

Billboard JAPAN

2019/12/4 15:00



2019年12月9日付(集計期間:2019年11月25日~12月1日)のBillboard JAPANアニメチャート“JAPAN Hot Animation”で、映画『HELLO WORLD』の主題歌であるOfficial髭男dismの「イエスタデイ」が1位に輝いた。

当週もストリーミング、動画再生、カラオケの3指標で1位を獲得した「イエスタデイ」は、他指標ではラジオオンエア5位、ダウンロード7位、Twitter 15位を記録して8週連続、通算11度目のアニメチャート首位に立った。

2位は『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』よりGuilty Kissの「New Romantic Sailors」がチャートイン。11月27日にCDリリースされ、CDセールスとCD読み取り回数のルックアップで1位を記録した本曲は、Twitterとダウンロードが10位とセールスポイントが牽引して初登場している。続く3位もチャート初登場の「檄!帝国華撃団<新章>」がチャートイン。この曲は12月12日に発売されるPlayStation 4専用ゲーム『新サクラ大戦』の主題歌で、佐倉綾音(天宮さくら)、内田真礼(東雲初穂)、山村響(望月あざみ)、福原綾香(アナスタシア・パルマ)、早見沙織(クラリス)らが歌っている。ダウンロード1位、Twitter 3位と、今回この2指標だけでチャートインした。

LiSAの「紅蓮華」(TVアニメ『鬼滅の刃』オープニング曲)は前週2位から2ランクダウンの4位にチャートインしたが、ストリーミングとカラオケのポイントが増加し、総ポイント数も前週のそれを上回っている。5位には映画『アナと雪の女王2』より、前週3位だった松たか子 feat. オーロラの「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」がチャートイン。こちらも前週より総ポイントが増えており、ラジオ2位、ダウンロード2位、ストリーミング3位、動画再生4位、Twitter 8位と映画のヒットに合わせて好調をキープしている。イディナ・メンゼルが歌う英語版とパニック!アット・ザ・ディスコが歌うポップ・ヴァージョンも前週からポイントが増加して、当週は11位と12位に順位がアップ。パニック!アット・ザ・ディスコ ver.は引き続きラジオで1位を記録している。

続く6位は前週19位から大幅にジャンプアップした「Bad Ass Temple Funky Sounds」。キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』のナゴヤ・ディビジョンBad Ass Templeが歌う本曲は11月27日にリリースされた作品の収録曲で、そのリリース作品がアルバム扱いのため本曲にはCDセールスとルックアップのポイントが加算されないのだが、Twitter 1位、ダウンロード3位、ストリーミング6位、ラジオ10位と4指標だけでトップ10内に食いこんだ。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「イエスタデイ」Official髭男dism
2位「New Romantic Sailors」Guilty Kiss
3位「檄!帝国華撃団<新章>」天宮さくら(佐倉綾音)、東雲初穂(内田真礼)、望月あざみ(山村響)、アナスタシア・パルマ(福原綾香)、クラリス(早見沙織)
4位「紅蓮華」LiSA
5位「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」松たか子 feat. オーロラ
6位「Bad Ass Temple Funky Sounds」Bad Ass Temple
7位「空の青さを知る人よ」あいみょん
8位「航海の唄」さユり
9位「そうぎゃらんBAM」波羅夷空却(葉山翔太)
10位「Rainbow」内田雄馬

※記事初出し時に順位が誤っておりました。お詫びして訂正いたします。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ