星野源、耳介血腫を患っていた

モデルプレス

2019/12/4 13:25

【モデルプレス=2019/12/04】歌手で俳優の星野源が、3日深夜に放送されたパーソナリティを務める「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送/毎週火曜深夜1時~)にて耳介血腫を患っていたことを報告した。

◆星野源、耳介血腫を患っていた



耳介血腫とは、耳介に打撲や圧迫などの外力が加えられた際に、皮膚と軟骨の間に血液が溜まる症状のこと。

星野は、番組が始まる前にインスタライブを行っていたことを報告。その際に星野が耳に包帯を巻いていたようで、ファンから心配のコメントが届いたといい、そのことについて言及した。

星野は「僕、耳介血腫になったんですよ」といい、柔道の選手やラグビーの選手に多い症状であることを説明。具体的には、耳の内側が腫れてしまったようで、直近でライブを控えていることもあり、同日に病院に行ったそう。

その治療の際に、翌日まで包帯を取らないよう指示されたことを受け、耳に包帯が巻かれたままの状態で登場したことを明かした。

なかには星野の様子を見て「ピアスですか?」というコメントが届いたことについても紹介し、「ピアスでこんなに包帯ぐるぐる巻きにしないでしょ(笑)」とツッコミ、笑いを誘う場面もあった。

◆星野源に心配の声続々



この放送を聞いていたファンからは「早く良くなりますように!」「お大事にしてください」「しっかり治して下さい!」といった星野を労る声が多数寄せられた。(modelpress編集部)

情報:ニッポン放送

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ