今夜の『同期のサクラ』高畑充希が変わり果てた姿に 橋本愛らが知恵を絞るが…

クランクイン!

2019/12/4 11:00

 女優の高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第8話が今夜放送される。第8話では、重度の喪失感に襲われ引きこもるサクラを元気付けようと同期たちが知恵を絞る。

2019年12月。サクラ(高畑)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があった。意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げる。

2016年11月。自ら夢をあきらめたサクラは、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。もう1つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまう。

そして2018年1月。百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラをなんとか元気付けようと知恵を絞る。

翌日、百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ね、菊夫がサクラを2人の思い出の場所に連れて行く。そこでならサクラの元気が出ると思った菊夫だったが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なす術もない。ほかのメンバーや昔の先輩・すみれ(相武紗季)もサクラを救い出そうと計画を立てるが、ことごとく失敗。さらに百合は、あまりに自暴自棄なサクラの態度に、口論になってしまう。

サクラは「頑張れと励まされるのが辛い」と話し、自分のことを見捨ててほしいと頼む。今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、4人は強い喪失感に襲われる。

数日後。サクラの元に書留が届く。それは会社から、このままでは解雇になる、という通知。そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っていた…。

ドラマ『同期のサクラ』第8話は日本テレビ系にて12月4日22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ