あの名作ゲーム『MOTHER』オリジナル・サウンドトラック発売30周年を記念して国内初アナログレコード化!

SPICE

2019/12/4 13:00


糸井重里がゲームデザインを手掛け、1989年にファミリーコンピューター用ゲームとして発売された『MOTHER』のオリジナル・サウンドトラックが、発売から30周年を記念して、初の日本盤アナログレコードとして2019年12月25日(水)に発売されることが発表された。

このサウンドトラックは、ゲームのBGMを手掛けたムーンライダーズの鈴木慶一が英国に渡り海外歌手を起用し制作、ボーカルアレンジされた楽曲がメインとなり、全11曲内2曲がインストアレンジの楽曲となる。

SIDE-Dに収録されるゲーム中の使用BGMの原曲をゲーム進行に沿った形でメドレー形式に編集されている『THE WORLD OF MOTHER』は今回のアナログレコード化にあたり、2004年に発売されたデジタル・リマスター版に収録されたEXTENDED VERSIONが採用されている。


国内盤は株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ・乃木坂スタジオでのカッティング、静岡工場でのプレスとメイド・イン・ジャパンのアナログレコードとなる。

12インチ33回転2枚組、透明レコード仕様。そして完全生産限定盤とまさにファンには嬉しい特別仕様。製品の詳細は、株式会社ソニー・ミュージックダイレクトが運営するotonano内の特設ページにて確認してほしい。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ