理系学生たちが開発バトルを繰り広げる新番組がAbemaTVに登場!カズレーザーやパンサー向井らが審査を担当




メイプル超合金のカズレーザーが司会を務めるAbemaTVの新番組『TDK presents 学生イノベーションバトル そのヒラメキで世界を変えろ』が、12月7日の21:30よりスタート。理系学生たちが「世の中を変える開発」の新アイディアで競い合い、研究開発サポート資金とシリコンバレー研修旅行を懸けたコンテスト形式のバトルを展開する。

同番組は電子部品メーカーのTDKの一社提供で、未来に向かって頑張る理系学生たちを応援したいという思いから企画された。



番組では「SDGs(持続可能な開発)」をテーマに、IoT、モビリティ、ウェルネス、5G、再生可能エネルギー、ロボティクス、AR/VRの各分野に関する研究を行っている全7チームの学生たちが登場。番組から与えられたテーマに対する新開発のアイディアをコンテスト形式で競い合う。

開発期間は4か月となっており、その途中で勃発するトラブルやチーム内の悲喜こもごもをドキュメンタリー形式で紹介。また、番組内で技術的な専門用語を分かりやすく解説し、理系の人も理系でない人も楽しくテクノロジートレンドを学べる構成となっている。



番組には、カズレーザーをはじめ、パンサーの向井慧、東大卒の高学歴芸人として知られる田畑藤本の藤本淳史、ビジネス番組のキャスターなども務めるタレントの井口綾子が登場。カズレーザーらが審査も担当し、創造性、成長性、チャレンジ性の3項目の採点によって優勝チームが決定する。

優勝チームには、研究開発サポート資金として賞金30万円が贈られ、副賞としてイノベーションの聖地ともいえるシリコンバレーへの研修旅行がプレゼントされる。



番組MCを務めるカズレーザーは「タイトルがアカデミックなので真面目な番組なのかなと思われるかもしれませんが、そんなことは全く無く、気軽に楽しめるかと思います。全然堅苦しくない様子をみてほしいです」と視聴者に向けてコメント。さらに「今回のテーマである『SDGs』についても、学生たちの研究を見ていく中で、私自身も理解を深めていければいいなと思っています」と語り、自身にとっての学びの機会にもなると意気込んでいる。

理系学生たちが開発バトルを繰り広げる新番組『TDK presents 学生イノベーションバトル そのヒラメキで世界を変えろ』は、AbemaTVにて12月7日より配信スタートします。

<番組URL>


あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ