夏菜が“新感覚”美容液に感激「皮膚を1枚脱いだ感じ」

Entame Plex

2019/12/4 12:33



女優・モデルの堀田茜と女優・タレントの夏菜が3日、東京・銀座にオープンするポップアップスペース「BEAUTY BASE by Kao」の誕生を記念して登壇。美肌の秘訣や恋愛事情を明かした。

堀田はきらめくスパンコールのシャツワンポース、夏菜は異素材ミックスを取り入れたスカートと、それぞれ近未来的な出で立ちで登場。テープカットを終えると店内でトークセッションをした。



肌寒いこの季節、乾燥肌を自称する堀田は「スチーマーで肌を柔らかくして美容液を浸透させやすいようにしている」、夏菜は「メイク落としを肌の上に乗せる時間を短くすることを意識している。メイクを落とした後はどんな真冬でも冷水で顔を洗い、“引き締め”ています」と、保湿へのこだわりを語った。



イベント中盤には、ファインファイバー技術を応用した花王「est(エスト)」の製品「バイオミメシスヴェール」シリーズを体験。ディフューザーから美容液を直接肌に噴射し、1本の糸から肌の上に “極薄ベール”をつくる花王の新技術に、夏菜は「なんだか不思議」と感想を漏らす。



また時間が経ち、形成されたベールをはがすと堀田は「取った後はすごくしっとりしている。水分を含んだフワッとした感覚。きれいに取れて感動。新感覚」と笑い、夏菜は「皮膚を1枚脱いだ感じ。爽快感がある。毎晩使うのが楽しみになる」と感激しきり。

女性への肌のアドバイスについて、堀田は「コンプレと向き合い長期で向き合っていくこと。短期でヘコんじゃダメ」と回答しつつ、「私も肌はコンプレックスだらけです」と苦笑いを浮かべる一幕も。

また「美容には恋が一番」と、週刊誌が報じた俳優・菅田将暉との急接近について記者が聞くと、堀田は「(報道に)私が一番びっくりした。事実に“1枚膜を張っちゃった”かな。本当にお友達です」と製品に絡めた答えで切り返し、笑いを誘った。

某週刊誌によると、SNSに投稿するファッションが最近劇的に変わり、菅田を意識しているのでは、との声も。しかし堀田は「昔の投稿から見返してもらえると、何も変わっていないことがわかる。昔からの知人からは『昔からこんな格好なのに(報道されて)面白いね』と言われた」と否定。また、クリスマスの予定は「何もナシなので、楽しい予定を今からでも入れたい」と笑った。

「BEAUTY BASE by Kao」は12月4日(水)よりオープン。同スペースではお肌の手入れやレッスンができるスタジオや「バイオミメシスヴェール」シリーズが体験できるエリアも用意されている。

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ