名取裕子、高橋克典演じる宿敵を追い詰めるも犠牲者が!?『カクホの女2』最終話

テレビドガッチ

2019/12/4 12:00

名取裕子と麻生祐未がタッグを組むドラマ『特命刑事カクホの女2』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第7話(最終話)が12月6日に放送される。今回、北条百合子(名取)は宿敵・如月光太郎(高橋克典)の情報を得るため、逮捕された元神奈川県警横浜臨海署の鑑識課・竹宮圭介(加藤雅也)にある取引を持ち掛け……。

2018年1月クールに放送されて好評を博した『特命刑事カクホの女』が第2シーズンに突入。警視庁入庁以来、人事一筋で捜査は素人だがその洞察力で事件を紐解く警察官・百合子(名取)と、ノンキャリアではあるが県警一の捜査実績を残している現場叩き上げのクールな刑事・三浦亜矢(麻生)の活躍を描く。今作では、主演を務める名取や麻生の他に、新レギュラーキャストとして、加藤、大東駿介、長谷川初範、正名僕蔵、小野塚勇人(劇団EXILE)ら豪華メンバーの出演が発表されている。

<第7話あらすじ>
百合子(名取)は如月光太郎(高橋)の情報を得るため、竹宮圭介(加藤)ととある取引をする。そして如月は中華街にいると聞き、横浜臨海署の仲間たちとともにアジトを特定。しかしその過程でメンバーの1人が犠牲になってしまう……。

ついに三浦亜矢(麻生)と百合子は如月を追い詰めるが、カクホしようとしたその時、ある人物が2人へ銃口を向けた! 絶体絶命の2人の運命は……!?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ