キャデラック ミッドサイズのクロスオーバーSUV「XT6」新登場

オートプルーブ

2019/12/4 12:00

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年12月3日、ゆとりのある室内スペースと高いユーティリティ、最新のキャデラック・デザイン、そして安全装備を充実させた6人乗り新型クロスオーバーSUV「キャデラックXT6プラチナム」を発表した。発売は2020年1月1日から。

■クラス最大の室内スペースを実現「XT6」は、2019年のデトロイトモーターショーで初公開された6人乗り3列シートのクロスオーバーSUVだ。ボディサイズは、全長5060mm、全幅1960mm、全高1775mmとビッグサイズだが、アメリカ市場ではミッドサイズ+のSUVに分類されている。キャデラックのラインアップの中では、フルサイズに7人乗りのエスカレードとコンパクト・クラスのXT5の中間を埋めるモデルだ。生産はテネシー州スプリングヒル工場で行なわれる。その他に中国の上海汽車でも生産され、また、このXT6はロシアでも販売されることになっている。

キャデラックは従来のセダン中心のラインアップから、クロスオーバーSUVメインのラインアップへ転換している中で、柱になるのが「XT5」とこの「XT6」となる。カテゴリー的にはアメリカン・ラグジュアリーSUVとされる。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});空力特性を追求したプロポーション、昼夜を問わず遠くからでも一目でキャデラックと分かる端正なスタイリングが「XT6」の特長だ。最大の強みであるクラストップのインテリア・スペースは、2列目キャプテンシートの間をウォークスルーが可能で、3列目シートに乗り込むことができる。また2列目のキャプテン・シート、3列目シートはいずれも電動可倒式を採用している。

■キャビンの快適性を充実「XT6」のインテリアは乗員全員の快適性を追求。各シートの温度を最適化するイオン発生機を備えたトライゾーン空調システム、シートヒーター(1&2列目)、ベンチレーションシート(1列目)、ウルトラビュー・パノラマサンルーフ、クラストップの静粛性を可能にしたアクティブノイズキャンセレーション技術などを備えている。

またキャデラックならではの現代的なインテリアをさらに進化させ、洗練された、上質でラグジュアリーな空間としている。インサート材、トリム表皮、ルーフライナーのスウェード材、最高級のセミアニリン仕上げの本革シートを採用。さらにクラフトマンシップから生まれたウッド装飾など、厳選された上質な素材を高精度に仕上げている。

オーディオは、キャデラック初となるボーズ・パフォーマンスシリーズ・サウンドシステムを特別にチューニングした14個のスピーカーを装備するオーディオ・システムを装備している。

「XT6」には最新の電子プラットフォームを採用し、インフォテイメントの演算プロセッサーとメモリ領域の拡大で、格段にレスポンスが向上。GMジャパンがゼンリンデータコムと共同開発した完全クラウド通信式の車載ナビ「クラウド・ストリーミングナビ」も搭載。トンネルなどGPSで測位できない状況でも自律航法を行なうことができ、常時通信のため最新の地図を常に自動ダウンロードし最新のデータを使用することができる。

またApple CarPlayやAndroid Autoなどスマートフォンとの接続も可能。Android AutoはNFC対応で、スマートフォンをかざすだけで従来のペアリングの動作をせずにBluetoothの接続が可能になっている。

運転支援システム&安全装備は、レーダー、カメラなど用いた高度なシステムを採用。常に最適な夜間の視界を確保するインテリジェント・マトリックスLEDヘッドランプを標準装備するほか、アダプティブクルーズコントロール、サイドブラインドゾーンアラート、リヤカメラミラー、歩行者対応リヤブレーキなど20種類以上の最新安全機能を標準で搭載。セグメントで最も充実した標準安全装備となっている。

■パワートレーン「XT6」はLGX型自然吸気3.6L・V6エンジンを搭載。出力は314ps/368Nmを発生。この最大トルクはキャデラック流に「400」と分類される。このエンジンはアイドリング・ストップ、低負荷時には2気筒が休止し4気筒で走行するアクティブ フューエルマネージメントを採用している。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});トランスミッションは、伝達効率向上のために新設計された9速ATを搭載。従来の8速ATに比べ、シフトチェンジに気付かない程スムーズなシフトを実現し、直線的な操作が特徴の新世代電子シフターによって操作する。

駆動システムは、インテリジェントAWDを採用。FF走行から4WDまでシームレスに後輪に駆動力を伝達すると同時に低燃費を実現。またドライバーは任意にドライビングモードを選択することもできる。

■【主要諸元】ハンドル位置:左全長×全幅×全高:5,060×1,960×1,775mm車両重量:2,110kg乗車定員:6名エンジン種類/型式:V型6気筒DOHC総排気量:3,649cc最高出力(ECE):231kW (314PS)/6,700rpm最大トルク(ECE):368N・m(37.5kg・m)/5,000rpm駆動形式:AWDトランスミッション:9速オートマチック■【価格】キャデラック XT6 プラチナム:870万円(税込み)

■デビュー記念・限定モデル「XT6 ナイトクルーズ・エディション」「XT6」の日本導入記念のの特別限定仕様車「XT6 Nナイトクルーズ・エディション」をが1月1日から限定30台で発売される。

この限定モデルのボディカラーは特別色のサテンスティールメタリックに塗装され、内装色は、引き締まったアクティブなイメージを演出するジェットブラックにアクセントのブロンズカーボンを採用し、一段とプレミアム感を高めている。

また、熱感応式赤外線センサーにより、前方の人や動物を認識し、夜間にドライバーへの注意を促す最先端のセーフティ機能「ナイトビジョン」を特別装備している。

■【価格】キャデラック XT6 ナイトクルーズ・エディション:910万円(税込み)

キャデラック 関連記事キャデラック 公式サイトGMジャパン 公式サイト

(function(d, s, id) {var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];if (d.getElementById(id)) return;js = d.createElement(s); js.id = id; js.async = true;js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.3";fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ