加藤浩次、2つのコンビをブレイクさせたEXITりんたろー。を称賛「めちゃくちゃ優秀じゃない?」

今年ブレイクしたお笑いコンビの1つといえば、“チャラ男漫才”でお馴染みのEXITだ。舞台上でみせるチャラいキャラクターとベビーシッターや介護士として働く真面目な一面のギャップが2人の好感度を一気に上昇させたが、一方で兼近大樹の過去が週刊誌で報道されるなど彼らにとって試練も多い1年であった。そんな兼近を相方のりんたろー。は終始フォローし続けたが、実は以前結成していたコンビでも相方の不祥事で苦しんだ経験が。それでも人気コンビを2つもつくりだしたりんたろー。の手腕には、先輩芸人である加藤浩次も一目置いているようだ。

先月30日深夜に放送されたMBSラジオ『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』に出演したのは、NSC15期生のお笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政と嶋佐和也。彼らにとってりんたろー。は1つ先輩にあたるが、人柄や才能も尊敬に値するという。

相方のトラブルが原因でピンになった2人で結成されたEXITだが、かつてりんたろー。はベイビーギャングというコンビで活躍。イケメンで長身の相方と共にアイドル的な人気を誇る同コンビで、ネタを作成していたのはりんたろー。であった。しかし2016年に相方が無免許運転で逮捕、同年には再犯で実刑判決を受けることに。その後コンビは解散し、りんたろー。は兼近大樹とEXITを結成、およそ1年で以前のコンビよりも大きくブレイクを果たすこととなったのだ。

なかなか売れなかったコンビが解散後に別のコンビでブレイクするのは珍しいことではないが、人気のあるコンビが再び売れるコンビを結成することはなかなかないことという。これにはりんたろー。とあまり面識がない加藤浩次も「いや、凄いよ」「めちゃめちゃ優秀じゃない?」とその実力を高く評価した。同じく相方のスキャンダルで辛い思いをした加藤だけに、苦しい状況を乗り越えたりんたろー。の努力をよく理解できるのかもしれない。

更にニューヨークの2人は「めちゃくちゃ優しい」とその人柄についても絶賛。EXIT結成前ピン芸人として行っていた漫談も「めちゃくちゃ面白かった」「結構バトルライブ駆けあがってってましたよね」と語り、りんたろー。に尊敬の眼差しを注いでいる様子を見せた。兼近の未成年当時の犯罪がスクープされた際は、そのことを事前に知っていたと明かし「身勝手ではありますが、今度は僕がそばに居て今のあいつを肯定してやりたいんです」「過去のことを悔い改めこれからをどう生きるかで信頼を取り戻せるよう、より一層精進していきたいと思います」と熱い相方愛を見せていたりんたろー。だけに、周囲の人間からの評価も高いようだ。

(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ