待望の「ジブリ映画のデジタル配信」が開始!(日本はまだ)

191204_gkids_ghibli
Image: GKIDS

お気に入りのジブリ映画がApple TVで観れるように!

これからはジブリ映画がもっと簡単に見れるようになりそうです。アメリカの映画配給会社GKIDS(ジーキッズ)は、ジブリ映画のデジタル配信を今月から開始すると発表しました。全てのジブリ映画が世界で初めてデジタルダウンロード形式で配信されることになります(GKIDSは数週間前にジブリ映画を米ワーナーメディアのストリーミングサービス「HBO Max」で独占配信すると発表したばかりだったりしますが)。展開先はアメリカとカナダです。

もちろん、『となりのトトロ』『千と千尋の神隠し』『天空の城ラピュタ』などの名作も含まれます。Apple TV・Amanon・Google Play・PlayStation・XBox・ Fandango Nowなどの主要なプラットフォームにて視聴が可能で、12月17日から配信が開始されます。気になるお値段ですが、価格は1作品あたり20ドルで、『ハウルの動く城』『魔女の宅急便』『となりのトトロ』『崖の上のポニョ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』をまとめた人気6作品のセットは100ドルで販売されます。

言語は英語と日本語から選択が可能です。『風立ちぬ』に関してはサービス開始と同時に視聴ができず、2020年後半に遅れて配信が予定されています。

以下が配信されるタイトルです。

・『天空の城ラピュタ』

・『猫の恩返し』

・『コクリコ坂から』

・『ハウルの動く城』

・『魔女の宅急便』

・『となりのトトロ』

・『ホーホケキョとなりの山田くん』

・『風の谷のナウシカ』

・『海がきこえる』

・『おもひでぽろぽろ』

・『平成狸合戦ぽんぽこ』

・『崖の上のポニョ』

・『紅の豚』

・『もののけ姫』

・『借りぐらしのアリエッティ』

・『千と千尋の神隠し』

・『かぐや姫の物語』

・『ゲド戦記』

・『思い出のマーニー』

・『耳をすませば』

・『風立ちぬ』

世界中の幅広い世代から愛されているスタジオジブリ作品。ジブリファンの人も、そうでない人にとってもこれは大きなニュースと言えそうです。

Source: GKIDS

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ