性格に難アリ? でもしかたないよね!「私って悪女だなぁ」と思う瞬間




嘘をついてしまったり、傷つけてしまったり、生きていると色々なことがありますよね。悪いことだとは分かっていても、そうせざるを得ない場面に遭遇することは多々ありますし、時には嬉々として悪役に徹してしまうこともありますよね。
そこで今回は、「私って悪女だなぁ」と思ったエピソードを世の女性たちに語っていただきました!

好きな人に友達の連絡先を聞かれて…



「好きな人に『○○ちゃんのLINEのID教えてほしい』って言われてめちゃくちゃショックで『あの子、最近彼氏できたみたいで』と、嘘をつきました。申し訳なかったけど、友達とうまくいっても祝福できないし、応援もできないからしかたなかった」(28歳/飲食業/女性)

▽ 好きな人に女の子の連絡先を聞かれたらいい気分はしないですよね。教えたくないと思う気持ちは分かりますし、断っても問題なさそうな気もします。しかし、その子に彼氏がいないことがバレたらその後が面倒かも……?

メイクが崩れていても教えなかった

「マウントばかりしてくる友人がいるんです。あるときマスカラが下瞼についていたり、リップが取れてたりしていて、でもメイクが崩れていることを教える気にならなくてずっとそのままにしてた。いつもの仕返しのつもりだったけど、やっぱり悪かったかな」(29歳/事務/女性)

▽ マウンティングはその度に心がモヤッとするので、それくらいの仕返しはかわいいものです! これを機にマウンティングがひどくならなければいいのですが……。

彼女持ちの男性に必死でアプローチ!



「どうしても好きな人がいて、その人彼女持ちなんです。でも結婚しているわけじゃないし、私にもチャンスがあると思って必死にアプローチしました。彼女の立場だったらめちゃくちゃ嫌だと思うし、彼女さんに悪い気持ちもあったけどその時の私は必死だった」(27歳/アパレル/女性)

▽ 好きな人に振り向いてほしくて必死になることは悪いことではありません。人それぞれではありますが、恋をすると周りが見えなくなってしまうことってありますよね。

告白の返事をいつまでも先延ばしにした

「自分を好きでいてくれる人がいることがうれしくて、告白の返事を濁したり、『好きかもしれないけどまだ分からない』って言ったりして先延ばしにしていました。
彼がずっと私を好きでいてくれることに優越感があったけど、はっきりしないから『もういい』と言われました。やっぱこんなことしちゃダメだったよね。反省……」(30歳/アプリ関係/女性)

▽ 自分を必要としてくれる人がいると、日々の活力になるのでずっと繋ぎとめておきたくなるもの。しかしそれでは相手が前に進めませんし、結局悪い印象を与えて終わってしまうくらいならはっきり断ってしまえばよかったと思いますよね。

まとめ

自分で“私、今悪いことしているなぁ”と思えるうちはまだいいですが、悪いことをしている自覚が芽生えなくなると、それは本当の悪女になってしまうので要注意! 状況を俯瞰して、自分が後悔しない選択をしてくださいね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ