若手女優戦国時代が到来!「演技がハンパない女優」トップ3人をガチ審査

アサ芸プラス

2019/12/4 09:59


 今、日本の映画・ドラマの現場は、10代20代の新世代女優により、空前の戦国時代を迎えている。次々とスター候補が誕生しているが、全員が生き残れるわけではない。大女優になるために欠かせない要素はたくさんあるが、中でも大事なのが演技力。そこで若手女優の中で誰が1番演技がうまいのか、ガチ審査してみよう。

高い評価を得たのは主演ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系)が好評オンエア中の高畑充希だ。「深夜食堂」などを手がける映画監督・野本史生氏が言う。

「最初に舞台で観た時に、素直に『うわ、うまいわ、この子』と思いました。実力は若手で1番でしょう」

芸能評論家・織田祐二氏も高畑を高く評価する。

「17年の『過保護のカホコ』(日テレ系)でも黒木瞳を相手に早口でまくし立て、身振り手振りを交えて目をクリクリさせるシーンがありました。とても表情豊かでしたね。同性からの支持が高いのもうなずけます」

高畑と同レベルとの評判を得たのは杉咲花

「映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で、いじめを受けて学校に行きたくない女生徒を熱演。母親役の宮沢りえとのバトル演技に宮沢も大絶賛しています」(前出・織田氏)

それに続くのが松岡茉優。彼女を前出の野本氏は、「印象的だったのは広瀬すず主演の『ちはやふる』(16年、東宝)で、画面に映った瞬間に、相対した広瀬を完全に食っていたこと」と評価している。

12月4日発売の「アサ芸Secret Vol.61」では、18人の若手女優による演技力番付を決定。この3人に続くのは誰か。意外な名前も挙がっている。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ