ネットで噂の“20デニールに見える1200デニールタイツ”ってホントなの?試してみた

女子SPA!

2019/12/4 08:45

 先日、Twitterで「《20デニールの黒タイツを履いてる風》に見える1200デニールの裏起毛タイツ」が話題になっていました。裏起毛の厚手タイツなのに、実際に履くと透け感のある薄手タイツを履いているように見えるそうなのです。

本当に、そんなタイツが実在するのか検証すべく、ウワサの商品を取り寄せてみました!

◆素肌が透けているように見えるヒミツは裏地にあり

1200デニール タイツ ¥815(筆者購入時の価格です)

こちらがウワサの1200デニールタイツです。Amazonで購入したのですが、海外発送のため、到着に10日ほどかかりました。また今回買ったのは、amazonでは『ノーブランド』表記で、「1200デニール タイツ 黒ストッキング ストッキング風タイツ 透け感」という検索であがってきました。Yahooショッピングでも同様のものを扱っていますが、同じく海外発送で時間がかかるようです。

商品を見た瞬間、「なるほど、こういうことか!」と合点がいきました。こちらのタイツの表地はブラックですが、裏地がベージュになっていて、うっすらと裏地の色が透けていたからです。

裏起毛素材になっていて、肌色に近いベージュの色合いです。この裏地が表地にほどよく透けることで、まるで素肌が透けているように見えて、20デニールの薄手タイツを履いているような視覚効果を生み出すのです。

1200デニールということで、結構厚みがあるため、実際履くと脚が太く見えないかという心配がありますよね……。

◆履くと20デニールの黒タイツに見えるというウワサは本当だった!

それでは実際、履くとどのように見えるのか、ご紹介します。

確かに、ぱっと見は20デニールのタイツを履いているように見えます。

裏地部分はくるぶしまでで、足の部分は薄手のタイツになっているので、指など足先は実際の素肌が透けています。そのため、くるぶしから上の脚(実際は裏地のベージュが透けて見えている部分)も、素肌が透けているようにリアルに見えるのです。

タイツが厚手なので、足が太く見えないかという問題についてですが、確かに20デニールの薄手タイツに比べると、多少は太く見えてしまいます。しかし、着圧で引き締め力があるため、すごく太く見える心配はありません。

正面から見ても、ぱっと見は20デニールのタイツ風に。

黒には着やせ、引き締め効果があるため、タイツの生地が厚手でも、そこまで脚が太く見えないです。

◆防寒性が高く、洗濯にも強い!

このタイツの見た目は20デニールですが、実際は1200デニールあるので、防寒力は絶大です。先日、極寒の日にこれを履いてお出かけしたところ、スカートでも脚が全く寒くありませんでした。

ただ、足部分は裏地がないため、足先が冷えやすい人はインナーソックスを仕込むといいかもしれません。

また、一般的な20デニールタイツは、一度履くとすぐに伝線したり、洗濯後にボロボロになりやすいですが、このタイツは1200デニールあるため、とても丈夫です。

洗濯後のタイツです。洗濯シワが入って、多少はヨレっとするのですが、実際に履いてしまうとシワは目立たなくなります。

裏起毛の厚手生地で防寒性に優れていながら、軽やかでスタイリッシュに見えるこちらのタイツ。寒さが本格化するこれからのシーズンに、手放せなくなる一本となりそうです。

寒い日もスカートを穿きたいけど、真っ黒なタイツは野暮ったく見えそう……。そんな時は、この「《20デニールの黒タイツを履いてる風》に見える1200デニールの裏起毛タイツ」を活用してみてください。

これからのクリスマスシーズン、本命彼とイルミネーションを観に行くなど、野外デートの予定がある人も必見です。

<文/Mika>

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ