百合と葵に急展開!?遂にサクラが眠り続ける理由が明らかに『サクラの同期』第8話

テレビドガッチ

2019/12/4 05:00

高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第8話が、1週間の放送休止を挟み、12月4日に放送される。第8話では、百合(橋本愛)と葵(新田真剣佑)の新展開と、サクラ(高畑)が眠り続ける理由にスポットが当たる。

『過保護のカホコ』の制作チームが集結し、脚本・遊川和彦×主演・高畑が再びタッグを組んで送るオリジナルドラマ。“故郷と本土を結ぶ橋を架けること”を夢見て、大手ゼネコン・花村建設に入社した忖度できない主人公・サクラと同期たちの10年間を、1年=1話で描いていく。また、サクラの同期役として橋本、新田、竜星涼、岡山天音が出演している。

第8話の舞台は、サクラたちが入社8年後の2016年11月。自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたままでいた。もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラだったが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまう……。

そして2018年1月。百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと4人は知恵を絞る。

これまでは、サクラが同期たちを応援していた立場だったが、第8話からは状況が逆転。今度はサクラを救い出す為に同期4人が立ち上がるものの、なかなかサクラを救い出せない。唯一の「親友」を助けることが出来ず、元気のない百合。葵は、喫茶リクエストからの帰宅途中に、百合を引き寄せようとするが、果たして2人は……。そんな状況下、サクラの元には「このままでは解雇になる」という通知が届く。

<第8話あらすじ>
2019年12月。サクラ(高畑)の病室には百合(橋本)、葵(新田)、菊夫(竜星)、蓮太郎(岡山)の姿があった。意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、「こんなことになったのは自分たちのせいだ」と頭を下げる。ついに、サクラが眠り続ける理由が明らかとなる……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ