起業家のベストセラー作家が説く「幸せになるための究極の原則」とは?


起業家であり、ニューヨーク大学スターン経営大学院のMBAコースでブランド戦略などを教えているスコット・ギャロウェイ教授。

名前を聞いただけでは、ぴんと来ないかもしれませんが、ベストセラー『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(東洋経済新報社)の著者と言われたら、「あぁ、あの人ね」となる人も多いでしょう。

そのギャロウェイ教授の2冊目の著書が、『ニューヨーク大学人気講義 HAPPINESS(ハピネス): GAFA時代の人生戦略』(東洋経済新報社)です。

ベストセラー『the four GAFA』著者の幸福論


幸福や人生がテーマとは意表をつきますが、大学院でブランド戦略を教えていても、最後の3時間の講義は「幸福の計算式」をテーマとしたものなり、学生に好評だそうです。その内容をもとに1冊にまとめたのが本書になります。

幾つもの企業を立ち上げ、大学院の教授でもあるのだから、幸福の計算式もさぞや高邁というか一般人には手の届きにくい話かと思いきや…そうでもありません。

詳しくは本書を読んでいただくとして、ここでは実践につなげやすいエッセンスを紹介しましょう。
Push
ニューヨーク大学人気講義 HAPPINESS(ハピネス): GAFA時代の人生戦略
ニューヨーク大学人気講義 HAPPINESS(ハピネス): GAFA時代の人生戦略
1,760円

お金で買える幸せはさっさと買い、他に目を向けろ


ワークライフバランスという言葉が登場して久しいですが、それとは真逆の「若いうちは働け」というのが、仕事に関する大きなアドバイスとしてあります。

ギャロウェイ教授は、「若いうちからバランスを最優先事項にするのは、天才でないかぎりいただけない。それでは経済的安定のはしごのてっぺんに到達するのは難しい」と言い、「とにかく努力、精一杯の努力をする」よう力説します。

そうすることで、人生で実り多い年代にバランスの取れた生活が可能になるからです。

実際、ギャロウェイ教授は、そういう信条で若い頃を生きてきましたが、「ただ、そこにはとても現実的な代償があった」とも。それだからでしょうか、後のページではお金で買える幸せに限度があることにも言及します。

そう、懸命に働いて、まがりなりにも経済的な安定を得ることは大切だ。しかし喜びと満足を与えてくれるものを知り、それらに時間やお金を使い始めよう。(本書32pより)

それは、料理でも、マウンテンバイクでも、自分が没頭できるものなら何でも。お金をたくさん費やすことなく、喜びを与えてくれるものを見つけることです。

ギャロウェイ教授は、「人生のほとんどの時間を、どうすればもっとお金を増やせるかばかり考えていた」ことを「間違い」だったと述懐しています。経済的安定を得られたら、すみやかにそうした喜びを見つけるのが大事なのです。

「よい従業員」になれ


起業家として成功するためのスキルや特性は、メディアや出版物を通じて大量に発信されています。

しかし、雇われる側、つまり従業員に「必要なスキルについては、誰も発信しない」と、ギャロウェイ教授は指摘しています。

リスクや満足感の観点では、起業家になるより優良企業・大企業の従業員になるほうが望ましいとし、よい従業員になるための3か条を挙げています。その中には「礼儀正しくあれ」という項目があります。

私は起業家で、たいていは場を仕切る立場だ。だから私がずけずけものを言うのを、ビジョンとリーダーシップの表れだと好意的に解釈してもらえる。しかしこのような、怒りと正直さと意見表明のミックスは、従業員には向かない。正しいことと有能なことは違う。(本書114pより)

正しさと有能さの2つの要素のバランスをとりつつ、チームの一員という自覚を持ち、支え合うのが、よい従業員には必要不可欠というわけです。

愛と人間関係を最重視せよ


究極の幸福」とはなんでしょうか?

ギャロウェイ教授は、「誰かを無条件に愛する」ことだと断言します。それは、引き換えに何かを得ることを期待しての愛でなく、「無条件で見返りを求めず、ただその人を愛するという強い気持ちと、その人の幸せだけを願うこと」です。

そもそも人生の目的は「愛と人間関係」とのことで、それ以外のことは手段にすぎないとも。

これに関係して大事なことの1つが、誰と結婚し子どもをつくるかという問題。なかなかそうしたパートナーが見つけられないでいる人へのアドバイスは、「自分を好きになってくれる人を好きになる」というもの。

それ以前に結婚に消極的な人には、「独身を謳歌できるのは、現実世界に住んでおらず、あらゆるものがおぜん立てされるという1パ―セントの人間だけだ」と諭します。結婚すると、50歳頃には同年代の独身者の3倍の資産を持つようになる、といった現実的な話もおりまぜ、結婚することの利点が説かれます。

そして、めでたく結婚したからといって自動的に幸福になるわけではないとも、(離婚経験があり2度結婚した)ギャロウェイ教授は述べており、3つのアドバイスをしています。その1つが「スコアをつけるな」。

誰が誰のために何をしたと記録するカップルは、時間を無駄にし、最終的にどちらも損をしているように感じる。2人でいることで喜びと満足を感じるかどうかじっくり考える。もしそうであるなら、損をしない、させないよう努める。パートナーに対して寛大になり、できるだけのことを、できるだけ頻繁に行う。(本書137pより)

夫婦間でスコアをつけてしまうと、本当の人生の喜びから遠ざかってしまいます。ここは見逃されやすい点なので、注意したいところです。


ギャロウェイ教授は、本書の冒頭で「査読される学術研究でもなければ、誰かがすでに書いたことにある指南書でもない」と記すとおり、エビデンスに基づいた幸福論というより、1人の人間が人生と苦闘した末に得たアドバイス集の側面があります。

ですが、それだけにその道の専門家が書いたスマートな著作にはない、生の知識と情報が詰まっています。少し別の角度から幸福というものを考えてみたい人には、とくに一読をすすめます。

あわせて読みたい

Source: 東洋経済STORE

Image: G-Stock Studio / Shutterstock

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ