波瑠「G線上のあなたと私」恋に気づいた28歳「苦しい、息ができない」に涙腺ブワッ7話

エキレビ!

2019/12/3 09:45

サブタイトルは「大人になるとき」。
第1話から第6話までは2018年5月から2019年4月、約1年の出来事。
第7話では2019年4月から10月と一気に約半年の時が進む。
原作コミックスにないドラマのオリジナル展開で、登場人物一人ひとりの細かな気持ちの変化を描いた脚本・安達奈緒子すごい。すごかったー。

理人、也映子への気持ちに気付く
2019年4月末。
大学が忙しい理人(中川大志)、介護や娘の受験で忙しい幸恵(松下由樹)を見て也映子(波瑠)は「3コン」の延期を提案する。
以前なら「私だけ何もない」とひがんでいたかもしれない也映子。「ふたりとも頑張ってるなーと思ったら私も頑張れる」と明るく話す也映子を見る理人の表情も穏やかで優しい(中川大志、イケメンなのは最初から分かってるけどこんなかわいい顔だったか?と第一話から見返したい気持ち)。
5月末、也映子は新しい職場で会社員生活をリスタートさせる。

3ヶ月後(8月末)。
理人は結愛(小西はる)から告白を受ける。
「理人のことが好きなんだけど」
4月、也映子と理人が手を繋いでいるのを目撃した後からずっとこの言葉を伝えたかったんだろう。一途だ。ううっ。

「俺は清水の気持ちには答えられません。すみません。清水は俺じゃなくて別の人と時間を使ったほうが良い。
その方がきっと楽しい。前に俺もそう言われて、実際そうだったからわかる。ごめん」
これまで曖昧な態度だった理人がしっかりと結愛に向き合った。

也映子も理人もそれぞれに忙しい。「弓を渡す」約束も4月から果たせないままになっていた。
也映子は宅配で弓を送るが、そのことが理人の感情を揺さぶる。
「弓だけ送られてくるって何!?」「今から会える?」
理人の気持ちははっきりと也映子に傾いていた。


也映子、理人への気持ちに気付く
10月末。
音楽教室で也映子と幸恵は受付スタッフから「眞於と連絡が取れなくなっている」と聞かされる。理人も連絡を受け、駆けつけた。
也映子は理人ひとりで眞於の家に行くよう背中を押す。

いつものカラオケに移動した也映子と幸恵。
幸恵は也映子の気持ちに気づいていた。

「どうして今さら理人くん眞於先生のとこ行かせるの?」
「いやんなるほど人のこと見てるし、めちゃめちゃ優しいし、絶対弱ってる人のこと見過ごしたりできない人です。そういうとこ無くして欲しくない」

ようやく自分の気落ちに気づく也映子。というか、4月に手を繋いだ時点、いや、もっと前に気づいていたのを「8歳も上で申し訳ない」「眞於先生みたいなクラス最上位女子ではないし」「若くてかわいい同級生と時間を使った方が良さそう」と無理やり蓋をしていたように見える。

「苦しい、息ができない……!」
(イラストと文/まつもとりえこ)



『G線上のあなたと私』
火曜よる10時 TBS系列

出演:波瑠 中川大志 松下由樹 桜井ユキ 鈴木伸之 滝沢カレン 小木博明(おぎやはぎ) 夏樹陽子 小西はる ほか
原作:いくえみ綾『G線上のあなたと私』 集英社マーガレットコミックス・全4巻
脚本:安達奈緒子(『きのう何食べた?』、『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―THE THIRD SEASON』ほか)
音楽:末廣健一郎 MAYUKO
主題歌:緑黄色社会『sabotage』 (ソニー・ミュージックレーベルズ)
演出:金子文紀 竹村謙太郎 福田亮介
チーフプロデューサー:磯山晶
プロデューサー:佐藤敦司
製作:TBSスパークル TBS

番組HP
ツイッター

当記事はエキレビ!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ