偽装円満!? 今どきの「夫婦円満」5つの条件

All About

2019/12/3 21:15

円満そうに見えても、実は夫は浮気中、妻は怪しいチャットにはまっているなど“偽装円満”の夫婦も大勢いるのです。

昔と違う? 夫婦円満のカタチ

「円満だったのは新婚1年目だけ」「我が家は円満と思ったことなど、この3年ありゃしない!」……そんな夫婦は少なくないでしょう。夫の愚痴を言いたくなるときもあるし、「だんなデスノート」を覗いてストレス解消するときも……。

円満そうに見えても、実は夫は浮気中、妻は怪しいチャットにはまっているなど“偽装円満”の夫婦も大勢いるわけで、何をもって“真実の円満夫婦”といえるのでしょう。この混沌とした現代における「夫婦円満」について考えてみましょう。

「夫婦円満」を装っていませんか?

昭和時代から長らく理想とされてきた「円満夫婦」は、夫が大黒柱で、妻は家事・子育てに専念。そう、夫が妻と子供を守り、休日は家族で仲良くお出かけするイメージでしょうか。

それが今や、妻も外で働き、家事分担を当たり前のように望んでいます。夫婦不和の原因は、「夫が家事をしない」「妻の負担が多すぎる」が急上昇。令和時代の夫婦円満は、どんな関係性や状態なのでしょうか。

ブライダル業界大手のアニヴェルセルによる調査結果「夫婦の絆が深まった共通の趣味」(期間:2019年4月15日~4月16日、調査対象:全国20~39歳既婚男女412名)のベスト5を参考に、筆者がまとめてみました。

・一緒に旅行に出かけて笑う
・一緒に外食に出かけて笑う
・一緒にお酒を飲んで笑う
・一緒に音楽を聞いて笑う
・一緒に映画やスポーツを観て笑う

強調したいのは、夫(妻)と「笑い」あえているかということ。事務的にイベントや趣味に参加する方も少なくないからです。夏休みの軽井沢は“恒例”だから行く。毎週末ファミレスに行くのは“定番”だから、とりあえず行っておこう。

夫婦で一緒にお酒は飲むが、会話が弾むどころか各自スマホを見たり、ゲームしたりと別のことに興じている……という事態では、決して円満とはいえないのではないかと思うのです。

夫(妻)との次の旅行が楽しみで仕方ない、夫(妻)とイタリアンを食べるのにどんなお洋服で行こうかな(ワクワク)。「アリアナ・グランデの新曲のサビ、やばいね」と感想を言い合う。深夜にネット番組を観ながら軽くキスをする。

事務的でなく、心から一緒に行動することを楽しめていてこその「円満夫婦」だと思うのです。

「笑い」のない夫婦の解決策

もし、上記5つはうちの夫婦もやっているが、笑ってはいないと気づいたら、敢えて笑ってみてください。

笑顔は伝播します。「あれ? (妻が)なんか楽しそう」と夫に伝わり、事務的あるいは義務でしていたことが、次第に幸せな行動にグレードアップする。小さな思いやりの積み重ねが“真実の円満夫婦”を作り上げる……と信じるしかありません。
(文:三松 真由美(夫婦関係ガイド))

当記事はAll Aboutの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ