できたてジュースがどこでも飲める。軽量で手の平に乗るサイズの「充電式折りたたみジューサー」


野菜ジュースやスムージーは、健康と美味しさの両方の点から、できたてが一番ですよね。

ただ、従来型のジューサーやミキサーはキッチンで場所を取るのが困りもの。それに、目に付くところに置いておかないと出すのが面倒くさく、結局使わなくなったなんてこともありがち。

でも、mottole(モットル)の「充電式折りたたみジューサー」は、コンパクトかつコンセントがないところでも使えるので、場所を問わず、好きなタイミングでドリンクが作れます。

USB充電式で屋外でも使える

Image: Amazon.co.jp

「充電式折りたたみジューサー」はUSB充電式で、USBケーブルが付属しています。約4時間の充電40秒×20回の使用が可能なので、屋外に持ち出しても1日困ることはないでしょう。

ボトル中心部分はシリコン製です。フタを開けて空気を入れるようにシュポっと引っ張るだけで、ボトルの組み立ては完了。このときのサイズは約 8.8cm×8.8cm×29.5cmで、大きめのステンレスボトルくらい。

いっぽう、たたんだときは高さ約13.1cmの小ささに。収納時に場所をとらず、重さも526gと軽量なので、 バッグの中に入れて楽々持ち歩けます。

アウトドアで作りたてジュースを楽しむなんて贅沢も実現。果物狩りのときに採れたてフルーツにも使いたいですね。また、離乳食期のお子さんがいる方には、外出先でもできたての離乳食が準備できて安心です。

1回40秒の撹拌でいつでもできたて

Image: Amazon.co.jp

「充電式折りたたみジューサー」では1回40秒の撹拌を定格時間としています。材料となる野菜やフルーツをあらかじめ細かくカットして入れれば、1回の撹拌でジュースが完成します。

なお、マグボトルのように直飲みや持ち運びができて、できたジュースをそのまま冷蔵庫に入れておくこともできるので便利ですよ。

また、氷を用意すればスムージーも作れます。その際に1回の撹拌で氷が砕けきらない場合は、2回ほど撹拌してみてください。

ほかには、折りたたんだ状態でプロテインを入れて持ち歩き、ジムでのトレーニングの後に水を入れるだけで、簡単にプロテインドリンクが作れます。

パーツは外して丸洗いできる

Image: Amazon.co.jp

パーツはすべて取り外して丸洗いが可能なので清潔に使えます。ただし刃を洗うときは、モーター部分に水がかからないように気をつけてください。

健康を意識する方にとっては、タイミングを逃さずに野菜やプロテインを摂取したいもの。気軽にどこでもジュースが作れる「充電式折りたたみジューサー」なら、健康のための習慣化にも役立つことでしょう。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。
Push
ミキサー ブレンダー MTL-K002 充電式折りたたみジューサー ボトルブレンダー ブレンダー ミキサー スムージー ジューサー ボトルミキサー ミニボトル 水筒 直飲み 丸洗い 洗える 500ml
ミキサー ブレンダー MTL-K002 充電式折りたたみジューサー ボトルブレンダー ブレンダー ミキサー スムージー ジューサー ボトルミキサー ミニボトル 水筒 直飲み 丸洗い 洗える 500ml
2,970円


Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp, 楽天市場

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ