めんどくさい恋愛以外は恋愛と呼ばない

ハウコレ

2019/12/4 16:00



「恋愛って、めんどくさいっしょ?だから恋人はつくらないのです」という人が多い……こういうことを言う識者がいます。多いのかどうかは知りませんが、そういう人がいるというのは知っています。今回は、「恋愛はめんどくさい」と言う人に、「恋愛って、やっぱおもしろそうだね」と思っていただけるようなことを書いてみたいと思います。おもしろいと思っていただけるかどうか……自信がありませんが、どうぞ最後までおつきあいください。

■■自分のみっともない姿を見るしかないから
恋愛がめんどくさい理由というのは、いくつかあるでしょう。たとえば、他人は自分の思い通りに動かないから。ましてや好きな相手が自分の思い通りにならないと、どうしていいかわからない、だからめんどくさい。

あるいは、恋したら「みっともないわたし」を自分にも相手にも見せざるを得ないときがあって、そういう自分を見るのがイヤだから。

あるいは、そもそも恋愛のしかたがわからないから……などなど。

***

恋愛がめんどくさいと感じる――そこにはいろんな理由があると思いますが、大胆にまとめてしまうと、人があまり好きじゃないからめんどくさいと思う――こういうことが言えるように思います。人が好きな人って、恋してるし、恋愛に積極的な女子って、男好きであることもありますが、根本的に人好きじゃないですか?人好きかどうか、という視点であまり他人を見たことがない人は、改めてそういう視点で見てみては?

たとえば大人数の合コンの幹事って、めんどくさいですよね?でもそれをやっている人って、きっと人好きです。そういう人って、彼氏、いませんか?彼氏がいなくても、恋愛するのが好きそうな女子じゃないですか?

■■あ、なんかヘンなもん見せちゃった?
人が好きな人って、自分が他人の前でダサいことをしてしまったり、みっともないことをしてしまったときに、それを必要以上に深刻に受け止めていないように見受けられます。だから、いろんな人と、いろんなことにチャレンジをして、仮に失敗したとしても「また次の機会に成功すればいいや」くらいな感じです。

***

つまり恋愛のめんどくささって、ダサい自分とか嫌いな自分と遭遇してしまったとき、どんなふうな身のこなしをすればいいのかわからないところにあります。平たくいえば、傷つくのがイヤってことですね。

でもそれって、ありもしない「完璧な人間」を探し求めているような態度と似ているわけです。誰だって少しヘンな人格を持っているし、ヘンな趣味を持っているし、まともな過去オンリーで生きてきましたって人はいないわけです。だから、ダサいわたしを他人に見せてしまったら「あ、なんかヘンなもん見せちゃった?ごめんね」でおしまいでいいのです。

■■恋愛ってスキーやスノボーに似ています
恋愛が苦手な人は、たとえばスキーやスノボーが苦手な人に似ています。スキーやスノボーって、うまく転べるようになれば、そこそこ楽しめるって言われていますよね?恋愛も同じです。告白してフラれたダサい自分を、自分の中でうまく処理できるようになれば、おもしろくなります。それは、他人のいろんな顔、とくに他人のちょっとヘンなところをたくさん知って認めゆく過程でうまくなれます。

***

人間っていいものだなあ、恋するっていいものだなあというのを、心底知りたければ、昔は「ひとりで旅に出なさい」と言われていました。旅先でいろんな人を知って、ときに恋心に似た感情を抱けるからです。みなさんお忙しいでしょうから、ひとり旅に出る時間がないかもしれません。そういう人は、いろんな人と分け隔てなく、真剣に遊んでみるといいかもしれません。真剣に遊ぶと、やたらめんどうなことだって当然起こります。他人のいろんなところが見えてきます。ときに恋心に似た淡い感情を抱くこともあるでしょう。そして最後に、人間っていいな、と思えたら、きっと恋がめんどくさくても、自然と人は恋をするのです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ