【週末アニメ映画ランキング】「すみっコぐらし」が2位に再浮上し興収8億5000万円突破

アニメハック

2019/12/3 19:00

(C) 2019 日本すみっコぐらし協会映画部
 11月30日~12月1日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。前作超えの大ヒットスタートを切った「アナと雪の女王2」が、2週連続で首位を獲得。公開10日目で興収40億円を突破し、「トイ・ストーリー4」を超え、ディズニーアニメ、ピクサーアニメ全タイトルの中で最短記録となった。リピーターが続出して“アナ雪現象”が再来し、拡大し続けている。

そんな中、「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」が週末2日間で動員12万1000人、興収1億3100万円をあげ、公開4週目に4位から2位に順位を上げた。累計動員は71万6224人、興収は8億5719万6900円を記録し勢いは衰えていない。

「決算!忠臣蔵」は3位、「ターミネーター ニュー・フェイト」は4位で、新作「ドクター・スリープ」が5位に初登場。北条司の人気漫画を、フランスのスタジオがフランス人監督・キャストで実写映画化した「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」は8位スタートとなった。

「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ)」は9位に後退。全国36スクリーンで公開された新作「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱 第三章」、全国24スクリーンで公開された「劇場版 Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター」、そして全国71スクリーンで公開された「HUMAN LOST 人間失格」は圏外スタートとなっている。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ