失恋のたびに「強い女になりたい」と思うとダメな女になる

ハウコレ

2019/12/4 07:00



失恋したら「もっと強い女になりたい」と思う女子って、案外多いのかもしれません。女性誌を見ても、ときどき「強い女になる方法」というようなことが書かれてあります。女子に人気があるとおぼしき女流作家のエッセイにだって「強い女」に関することが書かれてあったりします。が、強い女になりたいと思っていると、そのうちダメな女になることもあるように思います。

■■強い女性と、感性が鈍い女性
そもそも「強い女」と聞いて、あなたはどんな女性のことをイメージしますか?恋愛に頼らず(彼氏に頼らず)、ひとりで生きていくことのできる女性のことでしょうか?あるいは冒頭に書いたように、失恋しても傷つかずに、しれっと暮らし続けることができる女性のことでしょうか?

女子から、そのような女性を見て「この人、強そう、あこがれる」と思うのは、まぁわからなくもありません。女子から見た女性と、男から見た女性って、その評価がつねに違ってくるので。

***

でもたとえば、失恋しても痛くもかゆくもなく、しれっとしている……こういう女性って、ごくふつうに考えて、感性が鈍い女性ではないかと思います。恋愛や彼氏に頼らず、ひとりで生きている女性にしたって、もちろん「そう見える」女性は、世の中に大勢います。が、他人の生活の内情なんて、誰もわからないですよね?ひそかに彼氏のような存在の男がいるにもかかわらず「わたしはひとりで強く生きています」と公言している人だっています。もちろん、ひそかに彼氏のような存在がいることが悪いわけではありません。他人の生活の内情を知らずして、その人を勝手に美化してあこがれるのはいかがなものか、ということです。

■■ホントに強い女性とは
ホントに強いものとか、ホントに美しいものって、強いものではなく、しなやかなものです。切れば新鮮な真っ赤な血があふれ出そうなほど、しなやかなものです。

だからホントは、失恋したら「強い女になりたい」と思うのではなく、優しい女になりたいと思ったほうが、長い目で見て「いい女」になれるように思います。優しいというのは、いろんな人の考え方や生き方、意見を受け止める余裕がある、ということです。たとえば彼にフラれたからといって、心の中に強い鉄の壁をつくって彼を排除するというのが「強い」わけではなく、あなたのことをフッた彼のことも、心の中で受け入れてあげる、そういう女性が優しい女性で、ホントに強い女性です。

***

女子が、なにかあるたびに強い女にあこがれるのは、わからなくもありません。男だって強い男にあこがれているわけですから、男女ともに、たとえば失恋の痛手からすぐに立ち直って、しれっと生きていけるようになりたいと思っていると思います。でも、ホントに強い女性って、優しいです。『北風と太陽』の太陽みたいな存在が、ホントに強い女性です。パッと見、強そうに見える女性ほど、ホントは弱いのです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ