『ミイラ展』入場者数10万人突破、特別番組『謎を解け!ミイラからの挑戦状』の放送も

SPICE

2019/12/3 18:24


国立科学博物館で開催中の『特別展 ミイラ ~「永遠の命」を求めて』の来場者数が10万人を突破し、12月3日(火)に記念セレモニーが開催された。

10万人達成記念セレモニーに参加した千葉県鎌ケ谷市の山口沙織さん(34)と山口真理子さん(56)親子は、「元々、考古学やエジプトに興味がありました。 今日は特にネコのミイラを是非見てみたいです!」とコメント。二人には、国立科学博物館副館長兼人類研究部長の篠田謙一氏より記念品が贈呈された。
左より:国立科学博物館副館長兼人類研究部長 篠田謙一、 山口沙織さん親子
左より:国立科学博物館副館長兼人類研究部長 篠田謙一、 山口沙織さん親子

『特別展 ミイラ ~「永遠の命」を求めて』は、最新の調査と研究手法を駆使した研究成果を踏まえた展示が特徴で、南米、エジプト、ヨーロッパ、オセアニア、日本のミイラ、総数43体を展示している。

また、本展の特別番組『謎を解け!ミイラからの挑戦状』が、TBSテレビにて12月7日(土)16:30~17:00、BSTBSにてにて12月21日(土)14:00~14:30に放送されることも決定している。
ミイラ展 チラシ
ミイラ展 チラシ

>>『ミイラ展』鑑賞レポート 古代エジプト、インカ帝国など世界中から43体のミイラが大集合!

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ