『同期のサクラ』ボロボロの高畑充希…眠り続ける理由がついに明かされる

dwango.jp news

2019/12/3 18:00


『過保護のカホコ』制作チームが集結し、主演・高畑充希と、脚本家・遊川和彦が再びタッグを組み、現在放送中の日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』。

「琵琶湖分、涙出た!」、「水分補給が必要なくらい泣いた!」など、「大号泣回!!」として非常に話題になった『同期のサクラ』の第7話では、「故郷の島に橋を架ける」という夢と、一番大事な祖父を同時に失ってしまったサクラ。1週間の放送休止を挟み、明日『同期のサクラ』の第8話が放送となる。

第8話から、サクラの衝撃の新ビジュアル画像が届いた。ダークサイドに堕ちてしまったような全身真っ黒な衣装に、ぼうぼうに伸びた髪の毛。サクラはなぜ、こんなにもボロボロになってしまったのか。堕ちるところまで堕ちてしまった経緯とは?また長いこと語られることのなかったサクラが眠り続ける理由がついに明らかになる。同期たち4人は、愛すべきサクラを救い出すことが出来るのか。

「まっすぐすぎて傷だらけ だけどサクラは今日も咲く。」ドラマのポスターに書かれたキャッチコピー。回を重ねるごとに傷だらけになっていくサクラ。じいちゃんが最期に送ってくれたFAXには、「桜は決して枯れない たとえ散っても 必ず咲いて 沢山の人を幸せにする」と書かれていた。また咲き始めるサクラに期待したい。

急展開の『同期のサクラ』第8話は、明日夜10時放送。

■日本テレビ系10月期水曜ドラマ『同期のサクラ』
2019年毎週水曜よる10時放送
主演:高畑充希

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ