被害額は年間2,000億円以上! 飲食店予約の「無断キャンセル」に鈴村健一が喝!

TOKYO FM+

2019/12/3 17:30

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、11月25日(月)~11月29日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。



ハードキャッスル エリザベスと鈴村健一

◆38年ぶり
11月23日(土・祝)、ローマ・カトリック教会のトップ、フランシスコ教皇が38年ぶりに来日。24日(日)の午前中に長崎県、夕方からは広島県を訪問し、被爆地から「核なき世界」の実現を訴えました。また、「核戦争の脅威で威嚇することに頼りながら、どうして平和を提案できるか」と名指しは避けつつも、核抑止力を唱える国々を批判しました。

鈴村は「核抑止力のおかげでバランスが取れているという意見も聞くけど、そんなものがないと僕らは争うことをやめられないのかと思うと、悲しくなる。戦争なんて絶対にろくなことがない」と切実な思いを口にしました。

◆約4万6,000室
ホテルの誘致に力を入れていた京都市。その取り組みの結果、宿泊施設は3万室から約4万6,000室(2019年3月末時点)に増加しています。その一方で、増えた観光客で公共交通機関は大混雑し、市民生活に影響が出てしまうほどに。そのため、今後は宿泊施設の参入を制限する方針を打ち出しています。

エリザベスは、「京都はとても素晴らしいところなので、(観光客に)来てほしいし、知ってもらいたいけど、狭い道も多い場所なので、そこに住んでいる人たちからしたら大変なことがあるんでしょうね」と話していました。

◆34.1%
飲食店を予約後に連絡せず、来店をやめる「無断キャンセル」の経験者に理由を尋ねたところ、最も多かったのが「場所を確保するため、とりあえず予約(34.1%)」だったことがわかりました。ちなみに、次いで「人気店だったので、とりあえず予約(32.5%)」、3番目は「うっかり忘れた(30.2%)」という結果でした。

無断キャンセルによる被害額は、年間およそ2,000億円を上回る試算となっているだけに、鈴村は「これじゃ駄目だ。食べ物も無駄になるし、いろいろなところに波及している問題だと思う」と不快感をあらわにしていました。

◆およそ3割
ゲームへの依存に関するアンケートの調査結果によると、全国の10~29歳のおよそ3割が、1日2時間以上ゲームをしていることがわかりました。また、ゲームに費やす時間が長い人ほど、仕事や健康に悪影響を及ぼしている実態が明らかになっています。

鈴村は、「スマートフォンが普及したことで、いつでもどこでもゲームができるようになったことも関係しているのかも」と推測。自身もゲーム好きとあって、「eスポーツのようにゲームが職業になるものもあるし、必ずしもゲームが悪ではない。ゲームとの付き合い方、向き合い方は人それぞれだから、(ゲーム依存の人を)どうサポートしていくのかがこれからの課題」と話していました。

◆2,250円
警察庁が、12月1日(日)から運転免許証に旧姓を併記できるようにすると発表しました。旧姓が併記された住民票かマイナンバーカードを添えて申請し、再交付の際には2,250円の手数料がかかります。

エリザベスは「旧姓を入れられるのは、画期的だし良かったと思う」と感想を述べていました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月~木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ