乃木坂46・秋元真夏 生田へつけたあだ名は「ジャイアン」 その理由は…

 人気アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏(26)が1日深夜放送のテレビ東京「乃木坂工事中」(日曜深夜0・00)に出演。メンバーの生田絵梨花(22)へ「ジャイアン」というあだ名をつけた理由を明かした。

 この日、番組では前回の放送に引き続き、同グループの新キャプテンに就任した秋元をお祝いしようという企画。秋元に関するクイズが出題され、メンバーそれぞれが回答した。

 第4問は「秋元が生田にあだ名をつけるなら?」。正解は「ジャイアン」で、生田自身も見事に答えを言い当てた。この理由に秋元は「よく車とか飛行機とかで(生田と席が)隣になる。ひじかけを後ろに下げて、こっち(秋元側)へ足をもってくる」と、移動中は生田が1人で広々とくつろいでいると“告発”。

 これだけでは終わらず「私が使っている口紅を『それ欲しい』って言い出したり、イヤリングをつけていたら『それちょうだい』って言う。だから絶対ジャイアンだと思って」と明かし、“お前のものは俺のもの”状態の生田について笑いながら説明した。

 これを受け、ジャイアンというあだ名に納得していないと話した生田だが秋元の“告発”には「欲しいなと思って…」と素直に告白。すると、同番組MCのお笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(47)も「ジャイアンだね」と言い放ち、秋元の主張を認めていた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ