理想的な30代になるために、今からやっておきたいこと

カナウ

2019/12/3 07:30


理想的な30代になるために、今からやっておきたいこと

仕事も恋愛も、目まぐるしく起こるハプニングに一喜一憂できるのは、20代の特権かもしれません。

悩んだり苦しんだり、喜んだりできるのは、経験が少ないからこそ起こるもの。

30代の足音が聞こえてくると、ふと、「このままでいいのかな」なんて不安になる人も多いのではないでしょうか。

今回は、人生のターニングポイントになる30代を理想的に迎えるために、今からやっておきたいことをチェックしていきましょう!

目次



理想的な30代を迎えるためにやりたいこと



30代は多くの人が結婚や出産といった、大きなライフイベントを体験する時期です。

同時に子どももある程度の成長を遂げる時期でもあるため、女性にとっては子育てを終えた後の人生をスタートする準備段階にもなってきます。

つまり、30代というのは人生の中でもターニングポイントと言える時期なのです。

30代の過ごし方次第で、その後の人生の道も変わってくるので、今から理想に向けて進む準備をしていきたいですよね。

そのために、20代の今やっておくべきことは、大きく分けて2つあります。

1.自分にとっての「理想の30代」を見つけておく

2.そのために「今」できることをやってみる

難しいことではないのです。

ただ、シンプルで当たり前のことほど、おろそかにしてしまう人も多くいます。

改めて自分の今を振り返る意味も含めて、一緒に見直してみましょう。

1.自分にとっての「理想の30代」を見つけておく



理想の30代と言っても、おそらく人それぞれ思い描くものは違ってきます。

仕事で世界を股にかけて働いていることを想像する場合もあれば、家族に囲まれて、ゆったりと満ち足りた時間を過ごすことを想像する場合もあります。

内容によって、必要な行動は変わってくるため、まずは自分にとっての「理想の30代」とは、どんな人なのかをできるだけ具体的に想像してみましょう。

新聞や雑誌、インターネットから理想とする人のイメージ写真を集めてくるのも良いですね。

ポイントは曖昧な表現をせずに、できるだけ具体的に想像すること。

そうすることで、自分の姿を重ねやすくしておきましょう。

2.そのために「今」できることをやってみる



例えば、理想の30代を「好きなことを仕事にしている」という内容だったとしましょう。

好きなことを仕事にしている自分は、一体どんなふうに働いているでしょうか。

場所、着ているもの、関わっている人、仕草、言葉遣い、身の回りの環境などなど、あらゆるものを想像したら、そのうちのどれかひとつでも「今すぐ」できることをやってみましょう。

たとえば、「高級ホテルのラウンジで打ち合わせをしている」という具体像が浮かんでいるならば、今すぐ高級ホテルのラウンジに行ってみるのです。

打ち合わせはしていなくても、その場所に自分を連れて行くことで、よりリアルに理想が焼き付きます。

こうして小さなことから、理想と自分自身を少しずつ近づけていくことが、理想を叶えるコツです。

間違っても、周りがやっているから自分もやっておこう、などといった、他人に合わせた行為に走らないように気をつけたいところ。

あなたには、あなただけの理想像があるのだから、他人の理想に自分の時間を消費していたら、もったいないですよ。

理想を叶えた30代の見ている世界



理想の30代になるための方法がわかってきたかと思いますが、では現在すでに30代の方は、一体どのような思いを抱いているのでしょうか。

理想の自分になって、毎日が輝くように楽しい時間を過ごしていてほしいですよね。

ところが、ある調べによると、30代の約9割が「将来に不安を感じている」と答えたんだそう。

ライフイベントを経験すると同時に、自分の人生も進んでいきます。

親の高齢化が進み、自分自身の体力的な衰えも出てくる時期。

新たに考えなければならない課題と直面するのです。

かといって、悲観的になる必要はまったくありません。

大切なことは、いくつになっても悩みは尽きないし、理想は追い続けるものだと知っておくことです。

将来が不安だと答えた30代の多くは、「このままでいいのか」という漠然とした不安を抱えていると言います。

これを解消するのは、「理想の未来」を思い描くことだけです。

そして、そのためにも「自分は何に不安を感じるのか」をよく知っておくことが大切です。不安や不満は、自分が理想とするものと現実が違う場合に抱く思いです。

漠然とした不安を抱くということは、理想とする未来が漠然としているということ。だから、どこへ向かっているのかわからないから、不安になってしまうんですね。

このように、30代になってからの将来への不安を今から解消すべく、「理想の未来」「理想の自分」をしっかりと見出しておきましょう。

理想の未来へ向かって移りゆく姿を楽しもう



理想の30代を具体的に思い描いたとき、あなたはきっと現実の自分とのギャップで苦しむことがあるでしょう。

でも良いのです。今と違うからこそ、理想に掲げたのですから。

人は、理想や目標を掲げた瞬間から、そこへ向かって勝手に進んでいきます。

あらゆる出来事が、あなたが理想としたものを叶えるために起こってくるのです。

ですから、心が折れるような苦しい出来事があっても、理想の30代へ向かう道にあった小石にぶつかっただけだと思ってください。

そして、もしもあまりにも苦しいことばかりが続くときには、「道を変える」という選択も恐れずに選んでみましょう。

そのことすらも、あなたが理想の未来にたどり着くために、用意されたできごとです。

自分の考えを変えてしまうことを恐れず、どんな状況、現状からでも、理想の未来を自ら思い描いて、今この瞬間から、できることをやってみる。

そうすれば、どんなことがあっても、あなたの理想とする未来は拓かれてていくはず。30代になったとき、「あんな風になりたい」と憧れられるような大人になっていきましょう。

Tomoco

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ