羽生善治九段開設のインスタ 「かわいい」「貴重」オフショット反響

 将棋の羽生善治九段(49)が今月1日にインスタグラムを開設。眼鏡を外した姿など、対局時には見られない柔らかい表情のオフショットが早くも反響を集めている。

 プロフィール欄に「羽生善治の日常の写真などを少しづつ発信。本人のことを代筆で書きます」と記し、初投稿では、誕生日の9月27日にケーキのろうそくを吹き消している姿。続いて「元プロサッカー選手の小松原学先生のトレーニング」として、眼鏡を外して肩甲骨ほぐしトレーニングを行う様子を公開。眼鏡をかけていないレアショットに「新鮮」「かけていない先生も自然体で良い」「かわいい」「貴重です」などのコメントが寄せられた。

 この日3日は、連続写真3枚を投稿し「(代筆)インスタの為の写真撮らせてね。パシャ 『1枚目 いいよ』『2枚目 にこ』『3枚目 もういいでしょ』」と写真説明。2枚目の“笑顔”から、3枚目には“訴えの表情”を見せ、これにも「癒やされます」「かわいすぎる」「なかなか見ることができない表情」などの声が上がった。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ