福島の素材と菓子店がコラボし、ヴィーガンスイーツが誕生

IGNITE

2019/12/3 11:00


このシーズンの手土産に喜ばれそうなオリジナルスイーツが登場。

「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」は、プロジェクトに参加する事業者と、福島県内の菓子店のパティシエやシェフがコラボレーションすることで新たなスイーツブランドを作り上げる「Thanks Sweets Project」。

そんな「Thanks Sweets プロジェクト」による、ヴィーガン(100%植物性)スイーツをご紹介したい。



2019年12月4日から数量・期間限定で販売する。

■「Thanks Sweets プロジェクト」
2019年はヴィーガンにフォーカスし、卵や乳にアレルギーのある人などが一緒に楽しめるスイーツの開発に取り組んだ。 桑の葉や米粉、えごま、ジャムや甘酒など、福島生まれの植物性素材の風味を生かしたスイーツは4品。



■米粉のヴィーガンスノーボールクッキー
小麦粉を使わず「天のつぶ」をひいた米粉からうまれた、さっくりほろり、雪の玉のような食感のクッキー。バターや卵を使わず菜種油であっさりと仕上げているので、ほのかにお米の風味が感じられる。シンプルなプレーンと、優しい香りの桑の葉シュガー味の2種。桑の葉は美味しいだけでなく、ミネラルや食物繊維が豊富。健康効果も期待できる。

販売価格:1瓶/7個入り 600円(税込)



■えごまのヴィーガンフォンダンショコラ
バターや生クリーム、卵を使わず、しっとり濃厚な口どけを実現したチョコレートケーキ。生地に混ぜ込まれたえごまの実の、プチプチとした食感と香ばしい風味が美味しいアクセント。電子レンジであたためると中から上質なチョコレートがとろりととろける、贅沢な口どけのケーキだ。

販売価格:1個368円(税込)



■桑の葉とココナッツのヴィーガンシュトレン
通常はたっぷりのバターを使用するシュトレンだが、オーガニックココナッツオイルと米粉を使い、ふんわりしっとり焼き上げた。表面の緑は健康効果で注目を集めている桑の葉。トロピカルなココナッツの香りと、草原を思わせる桑の葉の香りの、新鮮な相性が楽しめる。

たっぷり練りこまれたドライフルーツの酸味とナッツ、まるで豆を食べているような濃くて甘い、青ばた丸ごと豆乳のコクも加わり、つい、もう一切れと手が伸びる味わい。

販売価格:1本1,000円(税込)



■ジャムと甘酒の米粉クッキーアソート
福島県内の様々な食材と米粉でクッキーを作った。豊富なアントシアニンを含む生命力にあふれたガーデンハックルベリー、和製ブルーベリーとも言われる栄養たっぷりなナツハゼ、味噌蔵ならではの製法で甘みと香りの強い米糀を使用した甘酒。それぞれの素材の良さを、みんなで楽しめるクッキー缶だ。

販売価格:1缶864円(税込)



誰でも美味しく食べられる、この時期にぴったりのスイーツだ。

開催時期:2019年12月4日(水)~12月10日(火)
販売:仙台三越、東京・目黒のVegan cafe「アラスカ ツヴァイ」、各製造事業所にて

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ