氷川きよし『紅白歌合戦』で“ついに”お披露目!? NHKが猛アタック!

まいじつ

2019/12/3 10:32

氷川きよし
(C)まいじつ

氷川きよしが小林幸子の〝後釜〟に選ばれそうだ。

かつて、大みそかのNHK『紅白歌合戦』の目玉の1つに、小林幸子の〝巨大衣装〟があった。2011年、お家騒動を理由に小林が紅白に出場できなくなってからは水森かおりが後を継いだが、いまいちパッとせず、ついに昨年、諦めてしまった。NHKが後継者の人選を進めていたところ、氷川に白羽の矢が立ったというわけだ。

デビュー20周年の記念すべき年に、氷川は一皮も二皮も剥けた。演歌界のプリンスという立ち位置だったのだが、〝女性化〟がどんどん進み、さながら〝演歌界のプリンセス〟に変貌を遂げた。あまりの美しい姿に、新たなファンも急増している。

開設したインスタグラムでは白いロングドレス姿を披露するなど、新生氷川ワールドが全開となっている。レコード会社関係者いわく、「今年は年末のレコード大賞獲得も有力視されている。年末は氷川一色になりそう」となれば、話題にコト欠いている紅白、NHKも黙っているわけはない。

巨大衣装を継ぐ者になるか


「業界の力学により、小林を紅白から追放したばっかりに、事実上〝巨大衣装〟という目玉が消えた。水森が後を継いだが、やはりお茶の間のおじいちゃん、おばあちゃんにとって巨大衣装=小林幸子であり、水森は場違いだった。5回にわたって巨大衣装を着たが特に話題になることもなく、とうとう昨年やめてしまった。ただNHKとしては〝巨大衣装〟という築き上げたコンテンツは捨てたくない。新たな人材を探していたところ、氷川がピッタリだという話になった」(NHK関係者)

氷川も昔ながらの和服ではなく、派手なドレスを着たがっているのは、誰の目にも明らかだ。その傾向は日に日に強くなっており、所属事務所の制御が効かなくなっているという。

「この話を耳にした氷川も前向きな模様。小林を超える〝巨大衣装〟にしたい意向だとか。後は現在の路線に猛反対の事務所との調整がうまくいくかだけ」(音楽関係者)

老若男女問わず人気の氷川ならば、〝巨大衣装〟を着ても異論は出ないだろう。地味な紅白の超目玉となりそうだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ