収納上手をお手本に♪使い勝手が抜群に良くなる【コンロ下】収納アイデア

folk

2019/12/3 01:00

コンロ下を劇的に便利な空間へとチェンジ


毎日何度も使うキッチン、今回はコンロ下の収納にスポットを当てて収納方法を説明いたします。

どのように収納すれば良いのか収納迷子になっている方は、ぜひ見本にして整理していこことで整理上手になりますよ。参考になるアイデアが続々と登場します。

コンロ下収納アイデア!

アイデア①調味料はまとめて収納


アイデア①調味料はまとめて収納

instagram.com

ここにはファイルボックスなどの収納ボックスを使って、ジャンルごとに分類しましょう。収納ボックスを取り入れて、掃除の手間も省きましょう。

また同じグッズを使うことで、すっきり見える便のよい空間に。

アイデア②物の住所を定める収納


アイデア②物の住所を定める収納

instagram.com

シンク下には掃除グッズを収納しますがここは火を使う場所なので、鍋やフライパンなどの何度も使うようなものを入れましょう。

しっかり部屋を分けて、物の住所を定めてあげることで使いやすくなりますよ。

アイデア③キッチンツールは並べて収納


アイデア③キッチンツールは並べて収納

instagram.com

コンロ下にはキッチンツールを収納しています。

コンロ下に上段と下段を分けるスペースがあれば、上段には収納ケースを片付けます。

よく使うものを入れることで利便性のよい空間に。

アイデア④下段は使用頻度の低い物を収納


アイデア④下段は使用頻度の低い物を収納

instagram.com

コンロ下にプラス1段収納する空間がある場合は登場回数が低いものを片付けましょう。

カセットコンロ、てんぷら鍋、ホットプレートなど、そこまで頻繁には使わないようなものを入れておくことで、出し入れも負担になりません。

アイデア⑤フライパンを立てて収納


アイデア⑤フライパンを立てて収納

instagram.com

フライパンや鍋はそのまま収納するのではなく、縦に収納することでワンアクションで準備や片付けが楽になります。

フライパンスタンド、ニトリなどのファイルボックス、カインズホームのスキットなどどんな収納グッズを使ってもOK。

アイデア⑥横向きで収納


アイデア⑥横向きで収納

instagram.com

フライパンや鍋の柄が邪魔でうまく収納できない場合には、向きを変えると利便性がよくなります。

柄が内側になるように片づけることで、無駄なく収納できますよ。フライパンや鍋の数を少し減らして、余白をあけて収納するのがポイントです。

アイデア⑦デッドスペースを生かして収納


アイデア⑦デッドスペースを生かして収納

instagram.com

セリアの開閉フックを扉の裏に貼り付ければ、菜箸を浮かせて片付けられます。

扱いにくいスペースを生かすことができる収納方法なので、できるだけきっちり整理したい方最適です。小さな工夫1つで驚くほど使いやすくなります。

アイデア⑧キッチンツールは手前に収納


アイデア⑧キッチンツールは手前に収納

instagram.com

種類も大きさもバラバラのキッチンツールは、手前側にひとまとめにして収納すると扱いやすさUP。

ファイルボックスなどの高さのあるアイテムを使って収納していきましょう。また同じ種類のフライパンを使うことで、よりすっきりして見えますね。

アイデア⑨ワンアクションで出せる収納


アイデア⑨ワンアクションで出せる収納

instagram.com

コンロ下を使いやすくするためには、ワンアクションで出し入れできるかどうかがポイント。

フライパンや鍋を重ねて収納してしまうと出し入れに手間取ってしまい、非常に使いにくいです。できるだけ立てて収納しましょう。

アイデア⑩キッチンツールは寝かせて収納


アイデア⑩キッチンツールは寝かせて収納

instagram.com

お玉などを立てて収納している方が多いですが、ハーフサイズのファイルボックスを選べば寝かせて収納できます。

十分な収納スペースがない場合には、フライパンの柄が取れるものを選びましょう。

コンロ下はワンアクションで出し入れしよう


毎日料理をする場合、どれだけ無駄な動作がなく使えるかが重要なポイントです。

さっと出して料理ができて、さっと元に戻せるような整理方法を取り入れることで使いやすくなります。収納が得意な方をお手本に考えて整理するのがおすすめです。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ