芸人・永野が「斎藤工主演映画」で「国民的脚本家にまっしぐら」!?

アサ芸プラス

2019/12/3 05:58


 11月29日に封切りを迎えた斎藤工主演映画「MANRIKI」が映画ファンから注目を集めている。

同作で彼が演じるのは「『万力』を使って小顔矯正を行う『整顔師』」。

斎藤が「魔物を生み出してしまったという感じがあるが、天使のような存在でもあるように感じる」と同作について語っているように極めて独創性の高い作品となっている。

映画「MANRIKI」について『斎藤と芸人の永野がプロデュースと企画を共同で行った『とてつもない怪作』ですよ」と語るのは、映画ライターだ。

「以前から斎藤は永野の出演するお笑いライブに足を運んでいて、永野の『芸術性』に惚れ込んでいたことがタッグを組む原点になったという背景があります。さらに金子ノブアキらを加え『チーム万力』が結成されました」

異例づくしの同作だが、同ライターは「試写を見た映画関係者の間で極めて評価が高い」と明かす。

「役者陣と演出の質の高さもさることながら、原作と脚本を担当している永野の世界観が圧巻。今作が評価されたことにより、今後多くの脚本の仕事が舞い込むことは確実と思われ、『国民的脚本家にまっしぐら』との声まで出ているんです」(前出・映画ライター)

脚本家・永野を開花させたのも斎藤の手腕であった。

(牧マコト)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ