『ヒプノシスマイク』、『Bad Ass Temple Funky Sounds』オリコン初登場1位


12月3日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」では、『ヒプノシスマイク』のシリーズ最新アルバム『Bad Ass Temple Funky Sounds』(キングレコード/11月27日発売)が、初週売上9.9万枚で、初登場1位を獲得。2018/11/26付の『MAD TRIGGER CREW VS 麻天狼』以来、シリーズ2作目の1位となった。

『ヒプノシスマイク』は、男性声優18人による"音楽原作キャラクターラッププロジェクト”。イケブクロ・ヨコハマ・シブヤ・シンジュク・オオサカ・ナゴヤの6ディビジョン(区画)を拠点とするチーム「Buster Bros!!!」、「MADTRIGGER CREW」、「Fling Posse」、「麻天狼」、「どついたれ本舗」、「Bad Ass Temple」が、ラップバトルでお互いの領土を争っていく物語。

本作は、ナゴヤ・ディビジョン「Bad Ass Temple」による1stCDアルバムで、名古屋在住のヒップホップグループ・nobodyknows+がプロデュースを手掛けたチーム曲「Bad Ass Temple Funky Sounds」や、Diggy-MO’が楽曲提供した「そうぎゃらんBAM」などのソロ楽曲含め、全5トラックが収録。なお、2020年3月28日、29日には、埼玉・メットライフドームで『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-5th LIVE@サイタマ 《SIX SHOTS TO THE DOME》』 が開催される。

(オリコン調べ(12/9付:集計期間:11月25⽇~12月1⽇))

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ