2023年オープン予定!ワシントンD.C.の新名所は「11th Street Bridge Park」

TABILABO

2019/12/2 19:00


ワシントンD.C.のアナコスティア川にかかる、老朽化によって使われなくなった橋が「公園」として生まれ変わる。それが、2023年にオープン予定の「11th Street Bridge Park」だ。

設計は2014年のコンペで満場一致で選ばれた建築設計のプロフェッショナル「OMA」社と「OLIN」社のコンビが担当。

橋の両端が上向きに持ち上げられたような「X」のデザインが特徴的なこの公園には、カフェや円形劇場をはじめとして、川の水の浄水装置を備えた滝、環境教育センターなど、さまざまな機能やプログラムを備えた施設が設置される予定だ。

ワシントンD.C.では初となる高架公共スペース「11th Street Bridge Park」は、地域住人の“コミュニティスペース”であると同時に、観光客にとっては“新名所”となるに違いない。


1. Rain Garden(雨のガーデン)

2. Capitol Hill Look Out(キャピトル・ヒルみはらし台)

3. Amphitheater(円形劇場)

4. Hammock Garden(ハンモックのガーデン)

5. Fern Garden(シダのガーデン)

6. Anaquash Plaza(広場)

7. Urban Agriculture(都市農園)

8. Lawn(芝生)

9. Interactive Art(インタラクティブアート)

10. Sculputure Lawn(芝生の彫刻)

11. Anacostia Look Out(アナコスティアみはらし台)

12. Kayak&Paddle Boat Launches(カヤック・ボート乗り場)

13. Waterfall(滝)

14. Enviromental Education Center(環境教育センター)

15. Play Space(遊び場)

16. Anacostia Park(アナコスティア公園)

Top image: (C) OMA+OLIN

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ